2023.11.161694 views

漂着物や廃物を楽器に!「ディドリーボウ」と「カンジョー」を作ってみよう

10

GO!GO!編集部

GO!GO!編集部
ブルースマンたちを育てた楽器を身近な素材で作る

棒とそこに張り渡した弦、弦の震えを共鳴させる筒の3つで構成される一弦琴はもっともシンプルな弦楽器です。単純な構造なのに(単純だからこそ?)、弦を押さえる位置を変えれば、無段階に音を変化させることができます。あらゆる弦楽器の原初にある一弦琴を作って、音楽の不思議に触れてみませんか。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 流木の板 

    1枚

  • 70cm程度の棒 

    1本

  • ピアノ線(0.5mm径)

    1巻

  • 空き缶

    数個

  • 空き瓶

    数個

  • 木ネジ

    4本

  • ステンレス薄板

    1枚

  • アイボルト(5mm径)

    2本

  • ナット(5mm径)

    2個

  • 鬼目ナット(5mm)

    1個

  • 貝殻

    数個

  • 麻紐

    50cm

STEP 1

ディドリーボウを知る

  • ディドリーボウとカンジョーの素材一式
  • ディドリーボウはアフリカに起源をもつ

「ディドリーボウ(diddley bow)」はアフリカで生まれ北米で発展した素朴な楽器。アフリカから連れてこられた黒人奴隷が、ありあわせの素材から作ったことに起源をもち、有名なブルースマンが最初に触れる楽器だったと言われています。一枚の板の両端に弓弦のように針金を張って、針金と板の間に音を共鳴させる瓶や缶を差し込めば完成です。ピンと張った弦を片手で叩いたり弾いたりしながら、もう片方の手で持った棒を弦の上でスライドさせて音程を変えて演奏します。

STEP 2

ディドリーボウを作る①

  • 板の端に穴を開ける
  • ピアノ線の末端に抜け止めを作る
  • ピアノ線を板に通す
  • ステンレス板で座金を作る
  • ピアノ線の全長を決める

ディドリーボウの構造は極めて単純。板の上に瓶や缶を載せてその上にピアノ線を渡し、ピアノ線がほどよいテンションを維持できれば成立します。これらの条件を満たせば、どんな製作方法で作っても構いません。ここでは比較的入手しやすい素材で、弦に適度なテンションを加えられる作り方を紹介します。

まずは板の片端にピアノ線がギリギリ通る程度の穴を開けます。穴を開けたら板の全長の1.3倍ほどの長さに針金を切り出し、その末端を捻って抜け止めを作ります。抜け止めを作った針金は底側から穴に通します。

板の反対側の固定はプレートを使います。ネジ止めなどでもよいですが、手に入った流木の板に十分な厚みがなかったので割れを防ぐためにステンレスの薄板を4番目の写真のように曲げて座金としました。この座金にアイボルトを通します。

板の上に瓶を置き、その上からピアノ線を通して、テンションをかけるにはどのくらいの長さが適当かを探り、ピアノ線を曲げてマークとします。

STEP 3

ディドリーボウを作る②

  • ネジを締めてアイボルトでピアノ線を引く
  • 瓶がずれるときは紐などで固定する
  • ボルトでピアノ線を浮かせる

アイボルトの環にピアノ線を潜らせ、捻って末端を留めます。瓶を板の間に挟んだ状態でネジを締め上げると、ピアノ線にテンションが加わります。板の形状によってはピアノ線に力が加わると瓶が板の中央側へとずれ込んでくるので、何らかの方法で瓶が片側に寄った状態を保持します。今回は麻紐を使って瓶を座金側へと引っ張って処理していますが、どんな方法でもかまいません。

瓶を固定できたら穴を開けた側のピアノ線の下にボルトを差し入れます。こうするとピアノ線が浮き上がり、弾いたときに音が明瞭になり、長続きします。ピアノ線が木に触れた状態だと、柔らかい木部が弦の振動を吸収してしまいます。

STEP 4

ディドリーボウを奏でる

  • 弦を弾きつつ小瓶で音程を調整する

ディドリーボウの音程の調整は、弦を弾きつつ、ガラスの小瓶などの硬いものを弦に押し当てて行ないます。小瓶を押し当てる場所が大きい瓶から離れるほど低い音になり、近づくほど高い音になります。

開放状態(小瓶を使わない状態)で弦を弾いたときが最も低い音になり、大きな瓶とボルトの中間点に小瓶を当てたとき、解放状態よりも1オクターブ高い音が出ます。基本的に、弦を弾くときはふたつの瓶の間を弾きます。

弦を弾くとビヨヨン、ビヨヨンと間伸びした音が出ますが、感の良い人なら弦を弾いているうちにどこを弾くとどんな音が出るのかを掴んで、簡単な曲を演奏できるようになるでしょう。

STEP 5

カンジョーを知る

  • カンジョー全景。ほぼ一弦のギター
  • 缶は木ネジで固定
  • アイボルトをペグ代わりにする

広義のディドリーボウに含まれ、さらに演奏をしやすくしたのが「カンジョー」。「CAN」で作るバンジョーからの命名です。

こちらも構造は簡単。真っ直ぐな棒の片側に空き缶を固定し、缶の底とネックの先端にピアノ線を渡してテンションを加えます。こうなるともう、フレットを持たない1弦だけのギターです。

ここで紹介するカンジョーは、弦を缶の底に固定するタイプです。弦の振動を缶の底に伝え、缶の底を大きく震わせることで音を生み出します。肉が薄く、柔軟性のある金属の缶はガラス瓶よりもよく震えるので大きい音が出ます。基本的に大きい缶のほうが振動する部分の面積と開口部が大きくなるので、小さい缶を使った場合よりも音が大きくなります。

弦は細くなるほど、短くなるほど、テンションが高くなるほど高い音が出ます。缶は大きくなるほど音が大きくなりますが、缶の強さと弦の強さには相性もあります。また、缶の底や側面に強度を高めるためのリブがあると、そこで振動が吸収されることもあります。

大きさの異なる複数の缶と直径の異なるピアノ線を用意して、いくつかの組み合わせを試してみると、ベストなマッチングがみつかるはずです。

STEP 6

カンジョーを作る①

  • 缶の底側の縁を2本のネジで留める
  • 缶の縁側もネジで固定
  • 缶の底部に弦を通す穴を開ける
  • 鬼目ナットをネック側に入れる
  • 弦の方向を変えるネジを入れる

まずは棒の片側に空き缶を木ネジで固定します。使う木ネジの数は2~4本程度。ニードルで缶の縁に下穴を開け、そこに木ネジをねじ込みます。弦を張ると強い力が加わるので、棒の強度に応じたネジでしっかり固定しましょう。

缶を固定できたら、缶の底の棒から5~7mm程度の高さにピアノ線を通すための穴を開けます。この穴が棒から離れすぎると、弦を押さえるときに力がたくさん必要になります。その反対に低すぎると、弦を押さえたときに缶の縁に弦が干渉してしまいます。

弦のテンションの調整はアイボルトで行ないます。棒の缶を付けていない側の端から数cm下がったに側面に下穴を開けて鬼目ナットをねじ込みます。さらに、その鬼目ナットから3cmほど缶側の正面に、弦の方向を変えるための木ネジをねじ込みます。

STEP 7

カンジョーを作る②

  • 缶の穴に弦を通す
  • アイボルトでテンションを調整する
  • 貝殻をスペーサーにして弦を浮かせる

棒の全長の1.2倍ほどの長さのピアノ線を切り出し、抜け止め(STEP2参照)を作って缶の底の穴から通します。

先の工程で仕込んだ鬼目ナットには、3個のナットを通したアイボルトをねじ込んでおきます。アイボルトから3cmほど下がった場所に打った木ネジを介して缶から引いた弦をアイボルト側へと送り込みます。

アイボルトに通した3個のナットの外側の2個は弦を締め上げて固定するためのもの。2個のナットの間に弦を挟み込んでナットを締め上げます。弦が固定できたら、アイボルトを回して弦にテンションをかけていきます。弦を弾きながらアイボルトを回すと、「ビョン!」「ビン!」「ピン!」と音が変化していきます。弦にほどよいテンションがかかって、音が澄んできたら、残るナットを鬼目ナット側に締め込み、アイボルトを固定します。

この状態では弦が棒の表面に接してしまうので、弦を浮かせるためにスペーサーを挟み込みます。細いネジや硬い枝など、弦の震えを減衰させないものなら何でもOKです。今回は小さな貝を挟み込んでスペーサーとしました。

STEP 8

音階を書き込み演奏する

  • ネックの側面にマスキングテープを貼る
  • チューナーで音を確かめ音階を記す
  • 弦を小瓶で押さえ、コインで弾く

カンジョーには弦を押さえた時に必ず決まった音を出すためのフレットがありません。自由に演奏してもよいのですが、すぐに曲を奏でるなら、音階を記すとよいでしょう。

ネックの側面にマスキングテープを貼ったら、スマートフォンにチューナーのアプリをダウンロード。弦を弾いて音をだし、どこを弾くとドレミファソラシドの音が出るのかチューナーで確かめながらマスキングテープに書き込みます。

音階を書き込めたら、利き手ではないほうの手の中指に小瓶を装着します。フレットがない場合、指の肉が弦の震えを吸収するうえ、弦を押さえる場所が点ではなく面になるので音が濁ります。小瓶を介して弦を押さえると、弦の震えが減衰しにくくなります。

弦は指で弾いてもいいし、ピックやコインを使ってもOK。コインを使うのがラフでカンジョーらしいかもしれません。

STEP 9

カンジョーをエレキ化する

  • ピックアップとアンプとスピーカーを接続
  • ピックアップは物理的な振動を電気に変換する
  • ピックアップがあればアンプにも繋げる

いくつかの道具を組みあわせると、カンジョーを「エレキカンジョー」に変身させることができます。必要なのは、市販のピエゾピックアップとヘッドフォンギターアンプとスピーカー。この3つを組み合わせると、空き缶底部の振動をピエゾピックアップが電気の情報に置き換え、スピーカーからカンジョーの音を大きく出すことができます。

ピエゾピックアップがあれば生の音を電気の情報に置き換えられる、ということはライブ演奏で使う大型アンプやエフェクターに接続できることでもあり、もっと言い換えれば、カンジョーを市販のエレキギターのように扱うことができる、と言えます。

以下の動画は、ピエゾピックアップで拾った音をエフェクターとそのコントローラーで加工した即興演奏。家にある廃物や拾った漂着物から、こんな演奏ができる楽器が作れるのです。

ストラップに接続するワイヤレスエフェクトコントローラーCASIO「DIMENSION TRIPPER」で手元でエフェクターを調整。 こんな演奏にもカンジョーは使える。DIMENSION TRIPPERの詳細はこちらから!

本記事の監修
小林亮平 カシオ計算機株式会社 音響設計エンジニア、「DIMENSION TRIPPER」開発者

STEP 10

『やった!レポ』に投稿しよう

完成したら、写真をとって『やった!レポ』に投稿しましょう!苦労したことや工夫したこと、感想などあれば、ぜひコメントにも記載してください。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
クリップしたユーザー(7人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ
THEME
テーマ
MATOME
まとめ

北米に連れ去られた黒人奴隷が生活の中にある道具や廃物から作り出したディドリーボウ。たいへん素朴な楽器ですが、その演奏には音楽の根源に触れる喜びがあります。今回は空き缶と空き瓶、木の棒で作りましたが、生活から出る廃物や浜辺に打ち寄せられるあらゆるものが素材になりえます。ビーチコーミングを楽しむとき、河原を歩くとき、ディドリーボウのことが頭の片隅にあると、風景はまた違った色を帯びるかもしれません。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
5知性
5感性
アクティビティ
つくる
環境
街 ・ 海
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
~30分
対象年齢
小学校中学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(7人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ
THEME
テーマ