WHAT'S NEW

最新の How To

2020.02.27 UPDATE
  • ここ最近、縄文時代に注目が集まっていることをご存知でしょうか。およそ15000年前から1万年以上続いた時代。あまりの時間的隔たりに「同じホモ・サピエンスなの?」と思いたくなりますが、間違いなく同じホモ・サピエンスであり、私たちからざっくり80代遡ると縄文人に行き当たるのです。 そこで今回は、縄文人たちとの繋がりを日常の暮らしの中から探し出し、私たちの中に眠る縄文人の痕跡を探ってみたいと思います。 私たちの暮らしには、縄文時代から続いているものが結構あります。今回はその中でも「食べること」を通して縄文人と私たちの繋がりを探し出し、日本人特有の味覚センスについて考えることにします。そして体験を通じて、私たちの中にある12%の縄文人DNAについても考えてみることにしましょう。 ※STEPで紹介するジオラマの写真は、新潟県立歴史博物館のものです。 http://nbz.or.jp/

  • 米山 悟

    972 views

    最近の登山用品は美しく、機能も充実した道具が多いですね。それらはとても便利なのですが、ひとつだけ致命的な欠陥があります。それは、「便利なものを使い始めると、それまで当たり前にできていたことができなくなってしまう」ということ。 私の山登りの流儀は、なるべく人が作ってくれた便利な道具やしくみ(登山道や山小屋も含めて)からFREE(自由 / 助けなし)になり、天然の山を天然の方法で登ることを求めます。そういう方法が、奥が深くておもしろかったので、結果的に山登りに飽きず長続きした理由かもしれません。こうした山登りを「天然山行」と呼んでいます。 そして、その「FREE 四本柱」となるのがこの4つ。 1、テントフリー(イグルー) 2、ストーブフリー(焚き火) 3、登山靴フリー(地下足袋) 4、GPSフリー(地図とコンパス) 便利な道具の助けなしに、簡単な道具だけで自然の中で活動することは、本来人が持っていた生きる術がよみがえり、一生モノの自信になります。 このHow toでは、FREE 四本柱のなかでも「3、登山靴フリー(地下足袋)」の楽しみ方を紹介します。歩くって基本だけど、ほんとにちゃんと歩けますか?硬く丈夫な「殻」に守られた登山靴ではなく、より素足に近い地下足袋で、天然山行を味わってみませんか? その他のFREE 四本柱に関連するHow toは、下記でも紹介しています。 1、テントフリー(イグルー) イヌイットのように雪でイグルーを作ろう https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/180 2、ストーブフリー(焚き火) ナイフ1本で火起こし! きりもみ式発火に挑戦 https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/57 4、GPSフリー(地図とコンパス) 地図を読む、そしてその先へ https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/195

  • 津田和俊

    575 views

    山や森、川、海などの自然環境には、さまざまな生き物が生息しています。また、近所のスーパーマーケットに行くと、いろいろな生き物が私たちの食べ物として並んでいるでしょう。どんな生き物も基本的には小さな細胞からできていて、細胞の中には、その生き物の設計情報や遺伝情報を担っているDNAと呼ばれる物質が入っています。今回は、その細胞やDNAの持っている性質を利用して、身近な植物、野菜や果実などからDNAを抽出する方法を紹介します。

MONTHLY VIEW RANKING

月間ビュー数ランキング!

EVERYONE'S REPORTS

みんなのやった!レポ

1,303,380
TOTAL VIEWS ON THE OUR SITE
“「知る」ことは「感じる」ことの半分も重要ではない”
レイチェル・カーソン
センス・オブ・ワンダー / 上遠恵子 訳 / 新潮社
THIS TREE SHOWS THE GROWN-UP LEVEL OF YOUR WILD MIND.
この木は現在のあなたの「ワイルドマインド」成長段階を表しています。
GROW YOUR WILD MIND!