WHAT'S NEW

最新の How To

2018.02.15 UPDATE
  • 一年のうちで、明るい星がもっとも多い冬の星空。寒いからと家に閉じこもらず、ぜひ夜空を見上げてみましょう。都会の夜空でも案外たくさんの星を見つけることができます。 冬の星をめぐるには「冬のダイヤモンド」を探すのが一番!冬のダイヤモンドとは、冬の夜空に輝く明るい星を結んだ6角形のことです。まるで大きなダイヤモンドが輝くようだということで、冬のダイヤモンドと呼ばれています。 冬のダイヤモンド探しに必要なのは、温かい服装と心のゆとり。これでもか!というくらい温かい服装で、午後8時くらいに南の夜空を見上げてみましょう。おうちの窓やベランダが南向きでしたら、まずは部屋の電気を消して目を慣らしてください。最低10分間は星を見て、明るさや色、星の並びをじっくりと観察します。星は一つ一つみんな違います。冬のダイヤモンド付近の星は、そんな星の違いを見るのにも適しています。 さあ、それではそろそろ冬のダイヤモンド探しの旅に出かけることにしましょう! 「外に出て宇宙を見上げよう!」 https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/139

  • 柴山元彦

    395 views

    水晶(すいしょう)、ヒスイ、ガーネット、……。 憧れの天然石は、実は近くの川原や海辺で簡単に見つけられるのを知っていますか?特に日本は、石の種類が豊富で「石の標本箱」とも言われており、世界で約4,500種あるとされる鉱物のほぼ半分以上が日本で見つかっています。これらは、おおよそ何億年も前に自然によってつくり出されたもので、長い年月を経て削り出され、私たちにも比較的アクセスしやすい川原や海辺などに流れ着きます。天然石(一部を除きほとんどが鉱物)を手にすることは、いわば地球の成り立ちに触れるきっかけになります。 このHow toでは、初めて天然石を探しに行こうという方のために、川原や海辺で比較的簡単に見つけられる「水晶」を例に、天然石を探す方法を紹介します。川原や海辺の石は、意識を向けなければただの石ですが、見方を変えると宝物にもなります。自分だけの宝物を探してみませんか?

  • 今野恵菜

    319 views

    正確な数値は必要ないけど、「この棒の大体の長さを知りたい」「ここからあそこまでの大体の距離を知りたい」というシチュエーション、結構あるんじゃないでしょうか?しかし、そういう時にいつも定規や巻尺を持っているとは限りません。ましてや、山や森などの自然のなかでは尚の事。 「身体ものさし」をインストールしておけば、その場ですぐに「ざっくり」とした長さや距離を知ることが出来ます。さらに、そのものさしを組み合わせれば 、定規や巻尺では到底測ることができない高い木や建物の高さも「ざっくり」測ることが出来てしまいます。 このHow toでは、使いやすい2つの「身体ものさし」を身体にインストールする方法と、その2つのものさしを組み合わせた「間接測定」の方法を紹介します。

MONTHLY VIEW RANKING

月間ビュー数ランキング!

EVERYONE'S REPORTS

みんなのやった!レポ

425,014
TOTAL VIEWS ON THE OUR SITE
“心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ。”
サン=テグジュペリ
星の王子さま / 内藤濯 訳 / 岩波少年文庫
THIS TREE SHOWS THE GROWN-UP LEVEL OF YOUR WILD MIND.
この木は現在のあなたの「ワイルドマインド」成長段階を表しています。
GROW YOUR WILD MIND!