0262bf5b 6109 4d1b a700 cf2ff75b5e58
2017.11.09420 views

自然の岩と身体で向き合う フリークライミング に挑戦しよう!

5

成瀬洋平

スポーツクライミングインストラクター / イラストレーター / ライター
自然の造形を読み解き、想像力と身体で答える

東京オリンピックの新種目に決まり、テレビなどでも取り上げられることが多くなった「フリークライミング」。カラフルなホールド(手がかり)が取り付けられたクライミングジムがたくさんでき、仕事帰りにひと汗流す人も多くなっています。

でも、「フリークライミング」の魅力はやっぱり自然の岩を登ること。自然がつくり出した岩の形を読み解きながら、自分の身体だけで登れば、人工壁にはない喜びを味わえるはずです。

すでにクライミングジムに通っている人も、これから始めてみたいと思っている人も、ぜひアウトドアの岩場に出かけてみましょう。ここでは、「フリークライミング」の始め方から、自然の岩場へ行くためのステップをご紹介します。

READY
準備するもの
  • 動きやすい服装

  • クライミングシューズ

  • チョーク(手につける白い粉)

  • [状況に合わせて準備の必要なもの]

  • ボルダリングマット

  • トポ(ルート集)

  • ブラシ

  • ルートクライミングならロープ、ハーネス、ギアなど

  • 救急セットなど

STEP 1

フリークライミングって何?

  • Sp 826ea709 8afe 457b 8775 6560a0796d99
  • Sp feae869d 91c9 43a0 8fe4 431847277aa0
    スポーツクライミング
  • Sp d88f46e9 c40f 4ca1 8dac 96b90d3d4f84
    トラッドクライミング
  • Sp e04576e4 030c 42d0 8224 b6df6cb182cb
    ボルダリング

「スポーツクライミング」「ボルダリング」という言葉がひとり歩きしている感もある昨今。「クライミングとボルダリングの違いを教えてください」という質問もあったりします。では、そもそも「フリークライミング」「スポーツクライミング」、そして「ボルダリング」とは何なのでしょうか?

岩と雪と氷の壁を登る「アルパインクライミング」、岩にセットしたギアを手がかりにして登る「エイドクライミング」など、クライミングにはさまざまな種類があります。そのなかで、登るための手段として自分の手と足(身体全部)だけを使って岩壁を登るクライミングが「フリークライミング」です。クライミングシューズやチョークは別にして、ロープなどのギアはあくまでも墜落したときに命を守るもの。「前進のために道具は一切使ってはいけない」というルールをあえて課したもので、自然に対してよりフェアでありたいという思想に根ざしています。

また「フリークライミング」にも、いくつか種類があります。ロープを使ってクライマーの安全を確保する「ルートクライミング」、そのなかでもルートを作った人が予め打ち込んだボルト(墜落時にこれが支点になって止まる)を使うクライミングを一般的に「スポーツクライミング」と呼び、岩の割目などに回収可能な支点をセットしながら登るスタイルを「トラッドクライミング」と呼んでいます(詳しく知りたい方は専門書を参照のこと)。

また、ロープによる確保なしで、基本的に飛び降りることができる程度の高さの岩を登るのが「ボルダリング」で、もっともシンプルなクライミングとも言えます。

POINT

「スポーツクライミング」も「ボルダリング」も「フリークライミング」の一種。そしてどちらも本来は自然の岩を登ることが目的で、人工壁は岩を登る練習のために作られるようになりました。

STEP 2

フリークライミングの魅力

  • Sp 1628eeb2 2922 41ec 8d8c c5d7b89d376d
    自然の造形を手掛かりに登る
  • Sp 405cbda0 f427 4aab a44f b57201ad264a
    クライミングでしか行かない別天地

自然の岩を、自分の手と足だけを使って登る「フリークライミング」。人によってその魅力は異なるでしょうが、私が感じる最大の魅力は、自然がつくり出した岩の造形を、想像力と自分の身体を巧みに働かせて登ることです。

使えそうな手がかり、足がかりを探し、岩に登る道筋を探します。実際に手で岩を持ってみると目で見ただけではわからない感触が伝わってきます。ザラザラしているのか、ツルツルしているのか。引っかかりやすいか滑りやすいか。ほんの少し指の位置を変えただけで持っている感覚がずいぶん違うはずです。

自然から差し出された謎を解くようにムーブ(動き)を考え、岩に自分の身体を当てはめていくようにして登る。その行為は、岩というキャンバスにいかにムーブを描くのかという、絵画表現にも似た芸術性があるようにも思います。そのようにしてルートを一度も落ちることなく登れたときの達成感と喜びはかけがえのないものです。目標のルートを登るために努力することは日々の生活を活き活きとさせてくれるでしょう。

POINT

岩場からの素晴らしい眺めやクライミングをしていなかったら行かないような場所を訪れ、土地の文化や海の幸、山の幸に触れることもクライミングの魅力。

STEP 3

フリークライミングを始めよう

  • Sp 9c33e3e0 03b3 46d5 a344 aeb75f48a464
    クライミングジムの風景
  • Sp 3c4dad1e 2fb0 425e 8a8a ec6bf506ef6d
    クライミングシューズは種類もいろいろ

自然の岩場へ出かけよう、と言っておきながら、やはり「フリークライミング」を始めるなら室内のクライミングジムに行くのが一番手っ取り早いでしょう。現在、国内には500軒以上のクライミングジムがあり、都内には各駅にあるのではないかというほどです。

ロープを使わない「ボルダリング」なら動きやすい服装と利用料さえ持って行けば誰でもすぐに始められます。専用のシューズはレンタルできますし、スタッフがいろいろと教えてくれます。たのしいと思えたら、まずはどんどん登りましょう。週に2~3回クライミングジムに通えば日に日に上達していくはずです。

ボルダリングに慣れたら、ぜひロープを使った「ルートクライミング」にも挑戦してみてください。ただし「ルートクライミング」には安全確保のための専門の道具と知識と技術が必要ですので、経験者や山岳ガイド、インストラクターからしっかりと教えてもらうように。大きなジムでは講習会も行なっているので参加してみるのが良いでしょう。

POINT

ジムに通い始めたらマイシューズが欲しくなります。登山用品店やクライミングジムでも販売しています。非常に特殊なシューズなので、必ず実際に履いてから購入しましょう。最初に購入するならソールが平らで比較的やらわかめのものがおすすめです。

MATOME
まとめ

「フリークライミング」はただ身体を動かすスポーツというよりも、岩という自然の形状を見て自分なりに動きを創造する、ダンスや絵画などにも似た芸術性を持っているように思います。最初は荒削りだった動きも次第に洗練され、一度も落ちることなくルートを完登するというプロセスは、まさにデッサンから始まって次第に洗練され、一枚の絵として完成させる行為にそっくり。

「ハードルが高そう」「難しそう」と思う人も多いかもしれませんが、無理せずできるところから始めることで、子供から大人まで幅広くたのしめます。また、練習したぶんだけ確実に上達するため、運動神経に関わらず各人が自分のレベルで取り組めます。

このHow toを読んで気になった方は、ぜひ近くのクライミングジムに出かけてみてください。新しいたのしみの扉がきっと開けるはずです。

新しい感動を求めて
Let’s climb on !!

クライミング講習会も行っているので、興味がある方は参加してみてください。
http://naruseclimbingschool.weebly.com/about.html

GROW CHART
成長スコアチャート
野性4
4知性
3感性
アクティビティ
その他
環境
山 ・ 川 ・ 森 ・ 海
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校中学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(4人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ