A796bb64 373a 40c5 ad23 e5cb3ffc6477
2018.08.03458 views

ドクダミの薬効成分を抽出して、ハーブティンクチャーを作ろう!

9

三森 典彰

(株)BiotopGuild代表取締役/Forestthree代表/東京環境工科専門学校非常勤講師
身近な野草の能力に触れ、自然を再発見しよう

5月頃、入梅の前くらいから開花とともにその存在感を増すドクダミ。身近にありふれた野草で、抜いても抜いても生えてくる庭の管理上の厄介者だったり、その独特な香りで嫌われ者になることの多いドクダミですが、「十薬」という別名を持つ優秀な薬草でもあります。抗菌、殺菌、消炎、鎮痛(痒)、美肌などなど……その名に恥じない薬効を持っています。
そんなドクダミで、薬草をアルコールに漬けてその香りや薬効成分などを抽出する「ハーブティンクチャー(ハーブチンキ)」を作り、 化粧水や虫除け、虫刺され、料理など、 日々の生活やアウトドアライフに活かしてみませんか?
このHow toでは、ハーブティンクチャーの作り方と、おすすめの活用方法を紹介します。普段は厄介者に見えている野草も、そのパワーを知って生活に取り入れることで、新しい発見につながるはずです!

READY
準備するもの
  • ドクダミ(用意した瓶に詰められる量)

  • ガラス瓶(プラスチックだとアルコールに弱い場合あり)

  • ホワイトリカー(35度もしくは35%と表記されたもの)

  • または、ウォッカ、消毒用エタノール等(メタノールは不可)

  • コーヒードリッパー

  • コーヒー用 ペーパーフィルター(または手ぬぐい等)

STEP 1

身の回りでドクダミを探そう

  • Sp 259ff80b b0eb 4240 8d3b 876dd8ccac6d
    道端に生えるドクダミ
  • Sp 4ed198d1 dcb4 4f88 b7bf da19ad65c41b
    ハート型の葉が特徴

まずは、材料となるドクダミを探します。ドクダミは、ドクダミ科ドクダミ属の多年草(冬になっても地上部が枯れるだけで何年も生きる草)で、薄暗い場所や湿気た場所であれば、都会でも道端や公園の植え込みの脇、お庭にも生えてきます。
名前の由来が、「毒を貯めるのではなく、毒を矯める(矯正する)」や、「毒にも痛みにも(どくいたみ)効く」と言われるほど、古くから薬草として知られています。十薬という別名からも、いくつもの利用方法、効果がある植物であることが伺い知れます。まずは、ドクダミが好みそうな薄暗くて湿った場所、植え込みの下や隙間を探してみましょう。それらの場所にハート形で、葉の縁や付け根、茎などが少し赤みがかった草を見つけたら、葉を少しだけちぎって揉んでみます。独特な香りがすれば、それがドクダミです。
ドクダミの学名(国際的に使われる生物の名称)である「Houttuynia cordata」のcordata(コルダータ)は「心臓の形をした」という意味のラテン語ですから、まさにハート形の葉が大きな特徴と言えるでしょう。また、春から初夏にかけての花の時期には、通常4枚の花弁に見える白い総苞(そうほう)と、立ち上がった黄色い花を目印に探すのも良いでしょう。

POINT

※なるべく犬の散歩道から外れた場所や、少し高い植え込みに生えたきれいなドクダミを探すと良いでしょう。
※植物の採取が禁止されている場所や、私有地に立ち入っての採取は行わないようにしましょう。

STEP 2

ドクダミを摘もう

  • Sp 2fcac34e 07b9 48f1 a925 ab588da4409a
    茎から摘み取ったドクダミ
  • Sp 9bcec083 148b 47a2 afa2 c8dff26966c1
    集めたドクダミ

ドクダミを見つけたら、摘んでみましょう。ドクダミの薬効成分は、「全草」つまり葉から根、花まで、すべての部位にあります。そのため、どこを採取してもティンクチャーに用いることができます。しかし、掘るのも泥を落とすのも大変ですので、葉や茎、花を刈り取ったり、茎から摘み取って採集しましょう。また、採取するドクダミは、準備しているガラス瓶に入る、必要な分だけにしましょう。

摘み取ったドクダミは、そのままにしておくと萎れたり乾燥してしまいます。すぐに処理できない場合は、濡らしたティッシュペーパーやキッチンペーパーなどを入れたジップ付きビニールなどに入れておきましょう。
ドクダミの持つ成分のうち、特に「デカノイルアセトアルデヒド」という抗菌作用を持つ成分などは、揮発性があり、乾燥するとその薬効が消失してしまいますので、乾燥させないように注意しましょう。

STEP 3

ドクダミを下ごしらえしよう

  • Sp 83c93883 bcd5 466a 96a1 56ef67261f24
    ドクダミをやさしく洗う
  • Sp 26e66c15 1448 4425 a4c1 daf2ca040239
    水気を切る
  • Sp 9d0b68c6 af96 467c 8626 95f8a7e2407b
    水気をしっかりふき取る

採取したドクダミは、まず水でざっと洗います。あまりゴシゴシと洗う必要はありません。葉や茎などの表面についた砂ぼこりやゴミを取るように、水につけてやさしく洗います。

その後、タオルやキッチンペーパーなどで水気を拭き取ります。ドクダミに水気が残っていると、このあとアルコールに漬けたときに度数が下がり、保存性が落ちる可能性があるので、水気はしっかりふき取るようにしましょう。

MATOME
まとめ

身近な植物のパワーを、生活に活用することのできるティンクチャー作り、いかがでしたか?ティンクチャー作りを通して、自然を再発見することにつながり、日常が豊かになる一助になったら嬉しいです。もしかしたらその植物に集まる他の生きものにまで興味が広がり、その生きものがまた別の興味や面白さを連れてきてくれるかもしれません。そして、その面白さを周りに発信することで仲間を増やしていければ、日本の自然は今よりもっと豊かで素敵な毎日を私たちに与えてくれるようになるかもしれません。
※本記事は、全て学習目的です。文中にある「効く」「効果が出る」という類の言い回しは、個人の感想であり、その効果を保障するものではありません。また、治療法的なものとしておすすめするものではありません。
※肌に直接塗布する際には、全て個人の責任のもと行って下さい。使用する事によって生じた問題についても、一切責任を負えません。
※野草の見分け違いによる事故にはくれぐれもご注意下さい。毒草などが生えている場合もあります。初めは野草に詳しい方などを同伴して採取にいきましょう。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
3知性
3感性
アクティビティ
つくる
環境
山 ・ 森 ・ 公園
季節
夏 ・ 秋
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(5人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ