E1c98b9b a0cc 4d1b 9e57 e46dc6638675
2018.12.13406 views

身近な素材からしめ縄を作り、オリジナルの正月飾りで新年を迎えよう!

10

三森 典彰

(株)BiotopGuild代表取締役/Forestthree代表/東京環境工科専門学校非常勤講師
しめ縄・正月飾りに込められた意味を知り、思いを込めて自作しよう

日本の正月飾りの歴史は古く、一般家庭でも、平安時代後期には門松を飾る風習が始まっていたと言われています。正月飾りとして今も一般的に供えられているのが門松や鏡餅、そして今回作り方をご紹介する「しめ縄飾り」です。いずれも元々は「依代(よりしろ)」、つまり神が降臨する目印であり、家内の安全や豊穣などを祈る為、そして「結界(けっかい)」、悪しきもの・忌むものがやってこないよう祈る為のものです。

このHow toでは、身近なフィールドへ出かけ、材料集めをするところからスタートし、しめ縄を自作する方法を紹介します。自宅でバケツ稲やプランター田んぼをしている方は、脱穀したあとの稲わらを使うと、愛情込めて育てた稲を無駄なく活用していただけます。

オリジナルのしめ縄を作り、正月飾りを準備して、新しい年を迎えてみませんか?

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • ガゼクサ、チガヤ、メヒシバ、チカラシバなどのイネ科植物

  • 又は、バケツ稲などで育てた稲わら

  • 赤と白の水引(木綿の紐や毛糸でも代用可能)

  • 昆布

  • 煮干

  • 半紙(白色度の高いコピー用紙で代用可能)

  • ハサミ、カッター

  • 木槌

STEP 1

身の回りでイネ科植物を探す

  • Sp 8ba7bddc 8ae7 4089 80e0 041d8abc7d29
    ガセクサ
  • Sp 3ba03a30 e0b0 41d5 8948 b8eaa3863345
    チガヤ
  • Sp f23135b4 835e 45a3 924c b1375c08d60b
    河川敷の土手

まずは材料となるイネ科植物を探します。
少しでも大きな飾りにしたい場合は、なるべく背の高い種、そしてなるべく背の高い個体を選びます。

おすすめのイネ科植物は、「カゼクサ」「チガヤ」「メヒシバ」「チカラシバ」です。ススキやオギなどは、背は高いもののポキポキと折れやすく、茎が太くて硬いのでしめ縄には向きません。

ここでは、チガヤを例にして探してみます。
「チガヤ(Imperata cylindrica)」は、イネ科チガヤ属の植物で、日当たりのよい空き地に一面に生え、春頃に花を咲かせ、夏から秋にかけてキツネの尻尾のような細くて白い穂が目立つようになります。また、茎の根元のほうに赤みがかり、夏の終わりから秋になると葉先も赤みがかってきます。

チガヤは、様々な場所に生えていますが、まとめて探すなら河川敷の土手や大きな公園の斜面地などに探しに行くと良いと思います。

POINT

※あらかじめ、植物を採集する場所が採ってよい場所か、必ず確認しましょう。
※公園や管理された土地など、植物の採集が禁止されている場所や、私有地に立ち入っての採集は行わないようにしましょう。

STEP 2

藁(わら)の下ごしらえをする

  • Sp 78b528b2 3ae2 43f7 abf2 80712b5be79c
    枯れる前のまだ青いチガヤ
  • Sp 2224db65 5337 4c36 b1d8 384e5af7493a
    (1)藁をしごく
  • Sp c891e2b2 26b0 40f9 ae60 3f540e4880de
    (2)毛羽立った葉を取り除く
  • Sp adb11bd7 dad2 497e 871f bdfe8cd4c2eb
    (3)木槌で藁を叩きほぐす
  • Sp 60046652 7f79 4813 8f5e 4bf08793c979
    (4)根元で揃える

元来、しめ縄には、穂が実る前に刈り取った藁を使います。それを数日間乾燥させてから綯(な)うと、美しいしめ縄になります。そこで、もし見つかるようであれば、枯れる前のまだ青いチガヤを刈り取りましょう。そのまま数日間干して、写真(1)のような色になるまで乾燥するのを待ちます。自宅で育てた稲を使用する場合は、収穫した後の稲わら(乾燥したもの)を使います。

乾燥した素材が準備できたら、次は、藁の毛羽立った葉をなるべく取り除き、茎の分量が多くなるように下ごしらえを行います。丈夫で張りがあり、美しいしめ縄を作るには、綯う直前に下ごしらえを丁寧に行うのがポイントになります。

まず、あまり固く絞っていない雑巾を準備します。写真(1)のように、藁を束にして片手に持ち、雑巾で藁の根元から先へ、先から根元へとしごきながら、写真(2)のように、毛羽立った葉を取り除いていきます。また、藁を少し曲げてみたり、ぎゅっと握ったりもしながらしごきます。濡れた雑巾を使用することで、水分が藁に移り、この後の縄綯いの作業もやすくなります。次に、写真(3)のように、湿らせた藁を木槌などで丹念に叩きほぐしていきます。この時、藁があまり乾燥しすぎているとボロボロになってしまうので、前の工程でしっかりと湿らせておきましょう。握力に自信のある方は、雑巾でしごくだけでも十分にほぐせるので、この作業を割愛することも可能です。

よく藁がほぐれたら、写真(4)のように、根元で揃えます。これで縄綯いの下ごしらえはバッチリです!

STEP 3

縄を綯う(昔ながらの方法)

  • Sp 457dee36 650b 4583 8140 0a58ba6b9df7
    (1)藁を2束用意して足で固定する
  • Sp 035b25c9 e8c7 4319 aa9e 685a36129bcc
    (2)左巻きに捻り藁束を2本作る
  • Sp 82239626 5e14 450c a24e af401cc084fe
    (3)2本の藁束を右巻きに捻る
  • Sp e96623ab ba4b 4743 95cd 9ff2781c0d34
    先まで捻る
  • Sp 1a02506e 7245 470f ad75 97f87d0999e6
    縄の完成

いよいよ今回のHow toの山場であり、一番難しい作業「縄綯い」です。ここでは、一般的な昔ながらの方法を紹介します。この方法が難しいという方は、STEP4で簡単な方法を紹介しているので、いずれかの方法でトライしてみてください。

はじめに、写真(1)のように、藁を数本から十数本の束にしたものを2束用意します。束の根元側を、足の指の間や、両足で挟んでしっかりと固定します。次に、写真(2)のように、両方の手に1束ずつ持ち、手のひらをすり合わせるようにしながら2本の束を別々に捻ります。

この時、右手は手前から奥へ押し出し、左手は奥から手前に引くようにします。この動作を繰り返し行うと、左巻き(反時計回り)の藁束が2本できます。
この時、それぞれの藁束がしっかりと捻じれるようにするのが大切です。束それぞれに捻れが生まれないと縄になりませんので、頑張って力を入れてすり合わせましょう。また、それぞれの束が混じりあってしまっても縄にならないので、気をつけながら捻りましょう。

ある程度捻れができて、うまくすり合わせられるようになると、手をすり合わせた際に、右に持っていた束が左手の位置に、左手に持っていた束が右手の位置にきます。それぞれの束を握り、写真(3)のように、2本の束を右巻きに捻ります。これを繰り返していくと右巻き(時計回り)の縄ができます。
しっかりと綯えていれば、手を離してもそう簡単にはほどけません。ほどけてしまう場合は、それぞれの束のひねりが弱いか、綯えていないので、もう一度やり直してみましょう。

このように、左巻きに捻れた2本藁束を、右巻きに捻ったものを、「左綯え」のしめ縄と呼び、一般的な巻きの方向になります。しめ縄の巻きの方向は元来、火・男性の神を祀る「左綯え」、水・女性の神を祀る「右綯え」で異なりますが、地域によっても違いがあるようです。有名なところでは出雲大社の立派なしめ縄は「左綯え(左巻き)」です。

MATOME
まとめ

日本には、その年の収穫を祝い、次の年の豊作を祈り、悪霊や魔を退散させるお祭りや伝統的な風習が多くあります。何気なくお店で見かけたり、飾りつけている鏡餅や門松、そして今回ご紹介した正月飾りもそのひとつです。恒例の行事や習慣として、深い意味に意識を向けず過ごしている方も多いのではないかと思います。

このHow toを通して、しめ縄・正月飾りに込められた本来の意味に触れ、その思いを込めてオリジナルの正月飾りを作り、新しい気持ちで新年を迎えてみてはいかがでしょう?

また、身近な自然の素材から作ることで、身の回りの植物を少しでも覚えるきっかけになれば嬉しいです。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
4知性
4感性
アクティビティ
つくる
環境
山 ・ 川 ・ 森 ・ 街 ・ 田畑
季節
所要時間
1日以上
対象年齢
小学生高学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(9人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ