A8ddb6fc 1662 4d69 9c14 d342f9a89c30
2020.09.30181 views

自然でみつけた“Wonder”で、アートボックスをつくろう

6

栗田朋恵

長野県認定登山ガイド
冒険ハイキングで親子の感性を開こう

“Wonder”=不思議・驚き・奇跡
自然の中には“Wonder”がたくさんあります。教科書や図鑑にない、“私のWonder”を探しに出かけましょう。

ある時、3歳の男の子が手のひらをギュッとにぎって山道を歩いていました。手のひらの中には小さな小石がありました。何てことない小さな黒い小石ですが、手の中にぴったりとおさまる大きさや色に、何ともいえない“ちょうど良さ”がありました。触るごとに愛着がわき、落としたときには必死に探しました。
その小石の“良さ”は、ほかの誰にもわからないかもしれません。けれど、自分だけが感じられる何ともいえない“良さ”に、男の子は出会えたのです。

たとえば“Wonder”は、そんな小石かもしれません。または、曲がった木の枝、落ちた椿の花、穴の空いたどんぐり。雨粒がついたクモの巣。夏の木漏れ日。
同じものには二度と出会えない自然の中だからこそ、見つけた“Wonder”にいっそう心がときめきます。誰かの「いいね」ではなく、私の「いいな」を見つけること。子どもは「いいな」を見つける名手です。

「いいな」と感じるものを見つけたら、写真を撮ったり、大事に拾って持ち帰りましょう。そうして集めた“Wonder”をボックスに入れて、作品に仕上げましょう。

READY
準備するもの
  • 虫めがね

  • カメラ(携帯電話のカメラでもOK)

  • ポケットティッシュ

  • ハンカチ(またはバンダナ)

  • メモ帳

  • フタ付きの小箱(百円ショップなどで購入可能)

  • ハイキングの準備一式

STEP 1

ハイキングコースを選ぶ

  • Sp 9d102758 c73e 4de0 9bcc e825fe0f26cd
  • Sp 026ced82 85f1 4985 b138 a74e87cb47fb
    自治体から出ているMAP
  • Sp 84cde559 d2cf 4171 b17d 99a727a348d6
    なるべく詳細に記載されているものがお勧め

“Wonder”を探すハイキングは、できるだけ土の道を選びましょう。清掃の行き届いた公園内のコースより、ちょっとした山道がおすすめです。それは、落ちた葉や木の実がそのまま地面に残っていたり、クモの巣など自然の中のありのままの姿を見ることができたりするからです。

POINT

子どもと歩く場合は通常コースタイムの1.5~2倍の時間がかかります。ゆっくり歩いたり立ち止まったりすることを考えると、ハイキングは短めのコースを選ぶのがおすすめです。崖などの危険な場所がないか、道に人気があるかなどあらかじめチェックしておくと安心です。

STEP 2

自然の中に出かけよう

  • Sp 1ce786ab 0b58 49ab a40e 3f80fa603b38
  • Sp c09be444 098e 42c8 960d 7eec2f658d35
  • Sp fda86721 f46d 4468 af9f 7bc6a8318af0

では、実際に自然の中を歩いてみましょう。はじめは子どももドキドキ、緊張しています。子どもによっては森の雰囲気や周囲の暗さなどに心細さを感じることもあるので、無理に背中を押さず、手をつないだりしながらゆっくり歩き出しましょう。

自然道の中に入ると、ついつい足元に視線が集中しがちです。上を見上げると木々の葉が陽の光に透けていたり、周囲を見るとリスが木の上を歩いていたりすることもあります。
視野を広く持ち、目線をいろいろなところに向けてみましょう。

POINT

「せっかく来たのだから〇〇しなくては」とはじめから意気込みすぎず、子どもと一緒にリラックスして空を見上げてみたり、足元に何か落ちていないかと探してみたりしながら、だんだん自然道に足を進めていきましょう。

STEP 3

自分だけの“Wonder”を探す

  • Sp b355bc88 1ad1 4e16 9281 7520a5be571f
    シダの影が手のひらにのった
  • Sp 9d315719 b990 4929 b589 1031c26f0eed
    何とも言い表せない、桜の花びらの薄さ
  • Sp c85d77ea 190c 43e9 babc 5446a172d4c2
    美しいクモの巣
  • Sp 0c37a4cf e07c 4515 8cbb 5fcab838d6a0
    おとしぶみ。小さな穴から幼虫が出た後
  • Sp d58e3079 b861 4a28 b495 3f1cda2f05b7
    ぼくだけのWonder

自然の中で目が慣れてくると、木の穴や落ちている実、咲いている花などに気が付きます。また、木漏れ日の光線や、鳥の声、水の音など、五感がだんだん開いていきます。
色や形が気になる葉っぱ、どんぐりがついた木の枝など、気になるものを手にしたり、「みてみて!」と子どもにも紹介したりしてみましょう。子どもも自分の発見したものを見せたり、自慢したりしてくれます。

土がついていないもの、形の崩れていないものを何となく大人は選びがちですが、子どもは茶色くなった椿の花や、虫の食べた葉っぱも「いいな」と思って選びます。子どもの選んだものを「きたないよ」とか「捨てよう」などズバリ否定することは控えましょう。
持ち帰れない状態のものは気持ちを汲んだうえで、「もう虫の食べ物になっているから取り上げないでおこう」とか「良いと思うけど、電車に持ち込むことができない」というように自然に置いていくことを話し合いましょう。持ち帰れないものは写真で撮って残しましょう。

POINT

国立公園や自然保護区域、公園の規則などにより、園内・区域内の自然物を採取したり、持ち帰ることが禁止されている場所があります。うっかり違反になってしまわないよう、注意しましょう。また、そういった場所では子どもにもルールを伝え、見て楽しむことをあらかじめ伝えておきまましょう。

MATOME
まとめ

息子が2歳を過ぎた頃から自然の中を一緒に歩くようになりました。ズボンのポケットから小石や何でもないかけらが出てきたり、気に入った落ち葉を持ち帰ったりしては、家にある空き瓶に入れて取っていたのが始まりでした。
ある時その小瓶を手にとって見ると、懐かしい思い出の品々に気持ちが温かくなりました。子どもの方が記憶ははっきりしていて、小石を手に取ると「どこで拾ったか」「どこが好きか」といったこともよく話すので、これは大切なものなんだと思うようになりました。

やがて、発見したクモの巣を子どもにも見せたり、子どもが拾った木の実がどの木から落ちたかなど、お互いの感性にふれたものが散歩の会話になりました。それは「あなたのいいと思ったもの、私のいいと思ったもの、どちらも面白いね」と互いに等しくあることを実感できる時間でもありました。
世の中には優劣で話すことがたくさんあります。大人と子どももまた、高い位置から低い位置にむかって話す構造になりがちです。しかし感性とは等しく、自由で、尊いものです。互いに見つめた先にあるものに共感したり、愉しむことができる時間こそが、アートボックスの核になるように思います。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
4感性
アクティビティ
つくる
環境
山 ・ 川 ・ 森 ・ 海
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(3人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ