Df1aab93 3c1f 4d8f 9eb0 937c44931b42
2022.03.102832 views

自然の力で生ゴミを分解!庭にコンポスターをつくろう

13

藤原祥弘

エディター/ライター
自然界の仕組みを活用して、生ゴミを分解しよう

日々の生活のなかで生み出される家庭ゴミのうち、全体の3~4割にも及ぶ生ゴミ。そして、生ゴミの8割を占めるのが水分です。収集されたゴミは焼却場で灰にされますが、燃えることのない水を蒸発させつつゴミを焼却するのは、とても非効率です。

自治体によっては生ゴミを減量するために電気式のコンポスターの購入に補助金を出すところもありますが、生ゴミの軽量化や分解のために電気を使うのは、焼却場とは別の場所に負荷をかけかえるようなもの。

生ゴミの元は命ある食材です。灰にして埋め立ててしまえば命の循環から外されてしまいますが、ある処理方法を行なえば、生ゴミはもう一度命の環のなかへ戻っていきます。

焼却場の負担を減らし、収集日までに発する悪臭を防ぎ、処理にエネルギーを使わず、生ゴミを再び生かすその方法とは……土に埋めること!自然界には生き物の亡骸を土に戻すシステムが働いています。この力を使って庭先で生ゴミを分解してみましょう。

\ PRO TREK PRW-61 × WILD MIND GO! GO! /
ケース・バンド・裏蓋に、植物由来の再生可能素材
「バイオマスプラスチック」を採用したPRO TREKのエコモデル!
詳しくはコチラから

READY
準備するもの
  • スコップ

  • 【生ゴミ処理器の素材例】

  • ポリカーボネート製波板(665×455mm)

    2枚

  • 杉板(24×170×1200mm)

    2枚

  • 杉板(24×170×370mm)

    2枚

  • 杉板(16×40×1200mm)

    3本

  • 杉板(16×35×370mm)

    6本

  • ステンレス製蝶番

    2セット

  • ステンレス製掛け金

    1個

  • ステンレス製かめ座

    6個

  • ステンレス製木ネジ

    各サイズを数十本

  • 黒土(14L)

    4袋

  • 【ミミズコンポスターの素材例】

  • 杉板(24×170×350mm)

    4枚

  • ステンレス製木ネジ

    12本

STEP 1

消すか堆肥化か。2とおりの生ゴミ処理を考える

  • Sp 6e269346 55b1 4528 bb11 bd20667accfe
    黒土を使った生ゴミ処理器は分解が早い
  • Sp 9cb5981d fc84 493d 81ed 9790a13e626c
    ミミズコンポスターは堆肥化の面で有利

家庭で実践できる土を使った生ゴミの処理は、大きく分けて2とおり。ひとつは「なくすこと」に重きを置いて、微生物によって短時間で小さくする方法。もうひとつは、堆肥として再利用する方法です。

土に埋めた生ゴミは、土中の生物の力によって最終的には水とガスと少しの土となりますが、用いる処理の方法によって分解の速度と土中に残る栄養分が変わります。この記事では、黒土を使った「生ゴミ処理器」とミミズの力を借りる「ミミズコンポスター」の2種を紹介します。

黒土を基材にする生ゴミ処理器は、省スペースで処理の速度が速く、においも少なく、使い続けても土のかさが増えにくいのが利点です。その反面、投入した生ゴミの大部分をガスと水に分解してしまうので、堆肥としての力は小さくなります。

落ち葉などと土と生ゴミを合わせ、生物の力を借りながらゆっくり分解するミミズコンポスターは、処理にやや時間がかかってスペースも必要ですが、処理後の糞を堆肥として活用できます。

どちらも一長一短あるので、併用するか運用しやすい方法に挑戦してください。

STEP 2

生ゴミ処理器の基本構造を知る

  • Sp 6dc5b3e8 44ad 4491 858e b29919ebe8a4
    主役は土。処理器は土を良好に保つための箱
  • Sp 3bb62076 3538 4208 af42 392e5df85d6d
    処理器外観。大きく開口すると使いやすい
  • Sp bd19fca7 0db3 49c3 b7a5 011168e29691
    土を保持する枠と雨を防ぎ光と風を通す屋根

生ゴミ処理器の基本となるのは、もちろん土。砂や小石、腐葉土の含まれていない黒土が処理器に向いています。黒土は市販もされていますが、自宅の敷地でそのような性質を備えた土が手に入る場合は、市販品を買う必要はありません。

処理器は、黒土が持つ分解能力を引き出して管理するためのものです。①生活で出るゴミの分解に必要な量の土を保持し、②適度な水分量と熱を保ち、③においが漏れないように生ゴミを覆い、④分解後の水分とガスを放出し、⑤光を透過し、雨を遮る屋根を持っていること。こんな構造になっていれば、どんな材質、形でも機能します。

しかし、考えたいのは自然への負荷です。処理器の性能を向上させようとするあまり、分解しない素材を多用しては本末転倒です。処理器そのものもいつかはゴミになることを見越して、分解する素材やできるだけ長寿命な素材、再利用できる素材を選び、少ない部材で作れる構造を意識しましょう。

この記事では作りやすい据え置き式の枠型タイプを紹介していますが、底面を設けた箱型タイプであれば、ベランダへの設置や移動が行なえます。

POINT

黒土を使った生ゴミ処理器の技術を確立したのは、神奈川県の松本信夫さん。処理器を「キエーロ」と命名し、情報を発信しています。検索すると全国でキエーロを使った生ゴミ処理を実践する人たちの情報がみつかります。庭が狭い、ベランダでしか使えない、住むのが寒冷地である、地面が湿っている……それぞれの条件をクリアする方法を先達が公開しているので、自分に合った方式を探してみてください。

STEP 3

生ゴミ処理器の素材を用意する

  • Sp 22f6dc66 0e79 45a0 a8f2 ee96eedf5d0b
    素材には分解するもの、長寿命なものを使う
  • Sp e1a3a743 595b 4cc7 9d5e b8e6cc76a323
  • Sp c11f1f47 164f 4728 986b 07a7d100a2f1

STEP2で書いたとおり、生ゴミ処理器としての条件を満たすものであれば、どんな素材・形で作っても構いません。この記事では道具としての寿命と使い勝手、素材の入手のしやすさから、光を透過する素材としては比較的長寿命なポリカーボネート製波板(寿命はおよそ10年)を使った処理器を紹介します。

【使用する素材】
・ポリカーボネート製波板(665×455mm)2枚
・杉板(24×170×1200mm)2枚
・杉板(24×170×370mm)2枚
・杉板(16×40×1200mm)3本
・杉板(16×35×370mm)6本
・ステンレス製蝶番 2セット
・ステンレス製掛け金 1個
・ステンレス製かめ座 6個
・ステンレス製木ネジ 各サイズを数十本
・黒土(14L)4袋

市販されるポリカ波板の規格で、最小のものは3尺(665×910mm)の大きさ。この板を波の目に対して直交する向きで両断し、665×455mmの板を2枚作り出します。波板を連結するときの重ねしろは2.5山以上とされていますから、この2枚を横方向に連結して使うと、およそ1200×455mmの広さの光を通す屋根が生み出せます。

ポリカだけでは屋根としての強度が足りないので、細い板で枠を作り、そこに波板を貼り付けます。この屋根の下に収まる木枠を作り、木枠と屋根をつなぐパーツをつければ完成です。

重要なのは、「光を透過し雨を遮る屋根」と「その屋根に収まる木枠」という条件です。上記で紹介した素材や寸法は参考にとどめ、入手できる素材で工夫してください。ただし、容量が小さいと生ゴミを処理しきれないので、3~4人家族であれば1200×400mm程度の屋根とそれに覆われるまとまった土は必須の条件となります。

STEP 4

生ゴミ処理器をつくる

  • Sp 495f631c 3efa 40b2 8f83 70bfeb3db7b2
    ポリカ波板は耐候性のある面を太陽側に
  • Sp 6f1cf41e 674b 4211 80d5 e416467012ff
    ポリカ波板を波の目に対して垂直に両断
  • Sp 87d6f399 9f45 47a7 a4b7 4cfebac87f1e
    枠の背面に柱を立て、屋根枠と蝶番で連結
  • Sp 284b2ef9 f369 4de2 b7c1 ae006daa59c1
    屋根と枠のロックは外れにくい機構のものを

まずは波板をカットします。専用の波板切りハサミがあると作業がラクで素材を傷めませんが、金切りバサミ等でもカットは可能です。3尺の板を波と直交する向きに切って2枚の板を作り出しますが、ポリカ波板を使うとき、注意したいのは表裏です。ポリカ波板の表面には耐候加工が施されており、表と裏のどちらを太陽に向けるかによって寿命が大きく変わります。表裏はシール等で表記されているので、必ず太陽に向けるべき面を確認してください。

ポリカ波板を木の枠につけたら、続けて土を保持する升形の木枠を作ります。これも波板の屋根に収まり、ある程度の土をとどめておける大きさならどんなものでも大丈夫ですが、屋根よりひとまわり小さく設計しましょう。土を止める木枠の寸法を屋根と同一にすると、雨を流す勾配を屋根につけたときに屋根が寸足らずになり、雨が木枠の中へ流れ込んでしまいます。

屋根と土を溜める木枠は、3本の板を立ち上げて蝶番で連結します。風に煽られてもバタつかないよう、屋根と木枠のロックは簡単に外れないタイプの掛け金を使いましょう。

STEP 5

処理器を据え付け区割りする

  • Sp 534ca60a f0fa 4354 b827 d3b119393043
    枠の部分を掘り下げて設置すると安定する
  • Sp 08a3aa9d 28be 460a 91b8 27b5090c1d52
    黒土を投入し、区割りをする

設置場所は、1日のうちに数時間は陽が当たる乾いた場所が理想的。太陽光によって地温が高まると、微生物の活動が活発になります。また、処理器に光が当たることによって土が乾き、生ゴミから吸湿します。湿り気が多すぎる場所や陽が当たらない場所では、空気を使わない嫌気性の分解が起き、分解の速度が遅くなったり、悪臭を発したりします。

木枠を設置したら、枠の8分目の高さまで黒土を投入します。土を入れたらすぐに使えますが、生ゴミを分解する微生物がある程度増えるまでは数週間かかります。処理器内が安定すると、分解能も高まります。

黒土を使った生ゴミの分解時間は季節によって異なります。投入するゴミの量と種類にもよりますが、微生物が活発な夏場で4~5日、気温の下がる冬場で10日前後かかります。紹介した処理器では全体を12ブロックに区切り、12日間で最初に使った区画まで一巡するように設定しました。

ゴミを埋めた後は次に使う場所にスコップで目印を立てておくと、誤って分解中のゴミを掘り起こすことがありません。

STEP 6

生ゴミを埋める

  • Sp 4a71ca1e d9b9 4b14 aee8 9e07e6eede4a
    20cmほど掘り下げてから生ゴミを入れる
  • Sp 89987a89 1059 4a76 83bf 04339e84feb6
    土が乾き気味のときは水やとぎ汁も追加
  • Sp 45e7578d 3aa2 4181 a7c3 5fb5bd068090
    生ゴミと土が触れるように攪拌する
  • Sp abae0ec4 e18c 49e9 b0e6 0032a4518353
    5~10cmほどの厚みの土で覆う

生ゴミを埋めるときは、20cmほど掘り下げて生ゴミを入れ、スコップで土とよく攪拌(かくはん)します。土とよく混ぜることで通気性を高め、土中の微生物も生ゴミに触れさせることができます。土と生ゴミが直接触れていると、土が生ゴミの水分を吸って周囲に放出する効果も働きます。

分解において重要なのが水分です。効果的な処理には生ゴミから水分を飛ばす働きも必要ですが、土が乾きすぎていると微生物が分解の力を発揮できません。土が乾いているときは水や米のとぎ汁などを合わせて攪拌すると分解能が高まります。処理器全体としてはやや乾き気味で、ゴミを投入した場所には微生物の活動に必要な水分がある状態が理想です。

生ゴミと土を攪拌したら表面を土で覆います。土はある程度の厚みがあったほうが分解中のにおいが外に漏れにくく、動物にも荒らされにくくなります。

STEP 7

生ゴミの経過を観察する

  • Sp 693d4788 0d70 4679 9290 d38e1fe0f1e1
    水分が多く、細かいものほど分解が早い
  • Sp acfd929f 0307 4c61 b5c4 9215a16b13a8
    成長点をもつ部位は細かく砕いておく
  • Sp 59f0cbbe 6f03 431f a6ba f81c12067bc4
    埋めて4日目の様子。ほとんど分解している
  • Sp 5f623a69 59e8 4e74 aaa3 97d84ac0bf38
    種子、骨、卵殻、魚の鱗などは残りやすい

生ゴミ処理器が得意とするのが植物質の残渣の分解。ゴミのサイズが小さく、薄く、柔らかいものほど早く分解します。しかし、植物質でもタマネギの皮などの硬い部位や野菜の芯や芽などの成長点は分解に時間がかかります。とくに根や芽を出す力をもつ部位を塊のまま埋めると、なかなか分解されません。埋める前に細かく刻むとよいでしょう。

魚や肉、内臓の塊などもやや分解に時間がかかります。捨てる場合は細かくしたり、湯通しをして、よく土と混ぜると分解が早まります。

不得意なのは卵の殻や魚や動物の骨、大きな種子など。これらが土のなかに目立つようになったら、粗いふるいにかけて取り除きましょう。

生ゴミのほか、使い古した食用油なども少量ずつであれば分解可能です。

STEP 8

処理器を移設して野菜を植える

  • Sp 332d870b 304a 4bf3 a189 01f239c65379
    処理地は菜園にも転用できる

処理器を置く場所が自由に選べるなら、1~2年運用したら別の場所に移し、もとあった場所に野菜などを植えることもできます。そのときに注意したいのが土中の塩分濃度です。調理済みの食べ残しや調味料を一緒に埋めていると、土中の塩分濃度が高くなりがちです。生育に負担のないレベルなら使った土に植物を植えることができますが、土を菜園に使うつもりなら、処理器の運用中の生ゴミの塩分には注意が必要です。

STEP 9

ミミズコンポスターの基本構造を知る

  • Sp 1eb3764a 91f4 41ed baca 8e9cad9f2979
    手入れが簡単な枠式コンポスター
  • Sp b0b49f98 2547 40fb 91f6 2b5d8179ba62
    屋内でも使える箱式コンポスター

ミミズコンポスターも基本の構造は生ゴミ処理器と同じです。基材をとどめておける枠に蓋をつけるだけでOK。あとは処理したい生ゴミの量に応じて、容量とミミズの数を調整していきます。しかし、最初に考えたいのがミミズコンポスターの運用の仕方。丁寧に世話をするか、ある程度放任するかで設計が変わってきます。

ミミズコンポスターで活躍するシマミミズは、15~25℃前後のほどよく湿った餌の多い環境を好みます。温度が上がりすぎたり、乾燥しすぎたり、過度に湿ったり、餌がなくなると新天地を求めて移動します。

底面をもつ箱型のミミズコンポスターはミミズの逃走を防げるのですが、環境が悪化したときにミミズが安全圏へ脱出できないので、全滅させてしまう可能性があります。また、地面と分離しているので外気温や日照の影響を大きく受けます。その反面、できた堆肥や液肥の回収がしやすいという利点もあります。

木枠を地面に据え置くタイプは、地面と一体なので急激な温度変化を避けられ、高温や乾燥、餌不足になったときにもミミズが土中や枠の外へ自力で逃避できます。しかし、住環境が悪くなると枠の中からいなくなってしまうことも。また、モグラが侵入できる環境ではミミズが食べられる場合もあります。

丁寧な世話が必要な箱型とラフな運用ができる枠型。設置する環境とかけられる労力に合わせて、自分に合った方式を選んでください。

STEP 10

枠式ミミズコンポスターの素材を用意してつくる

  • Sp a9322dff 4072 4d2f bc09 cccfa2281190
    一段を4枚で構成。サイズと段数は自由
  • Sp 6597eab6 5a5e 483b 994a 3f28fea0b88b
    底を設けない場合はロの地型に組めばOK
  • Sp 67d0601d 8c87 4aa7 b815 b577e6dc9f3a
    雨とハエを防ぐ蓋をつける
  • Sp 667ca0de 40ed 40f0 81bf 2df0fcab61de
    地面からの逃走を避ける場合は2段に

【ミミズコンポスターで使用する素材】
・杉板(24×170×350mm)4枚
・ステンレス製木ネジ 12本

ミミズコンポスターのいちばんの弱点が、処理能力が低く分解に時間がかかること。ミミズの1日あたりの生ゴミの処理能力は体重の半分ほど。上記のサイズの板で作った枠式コンポスター(内容積が16Lほど)で飼育できるミミズは200g程度なので、処理できる生ゴミは100g程度が上限となります。一般家庭では1日に500gほどの生ゴミが出るので、数を増やすかサイズを大きくする必要があります。

板はロの字型に組み、板どうしの接着面をネジ留めに。上側を解放すると土が乾きやすく、ミミズ意外の虫も繁殖しやすいので蓋で覆いましょう。ミミズの嫌がる太陽光を遮り、ハエなどの侵入が防げれば蓋の材質は問いません。

コンポスターに向くシマミミズは地表近くを好むので、基材となる落ち葉と土はそれほど深くなくても大丈夫ですが、枠の地上高が低過ぎると枠の下をくぐってミミズが逃走します。ミミズを枠内に留めたい場合は、段数を増やして土を深くすると逃げにくくなります。

STEP 11

ミミズを採集する

  • Sp 423361c7 af5b 4bd4 b856 efd6d188ff78
    その名のとおりシマが明瞭なのが特徴

日本に数百種類生息するミミズ類のうち、コンポスターに向いているのは生ゴミを好み、地表近くで暮らすシマミミズ。釣具店やミミズコンポスターの販売店からも購入できますが、本来の生息地でない場所で逸出させると、病気を広げたり遺伝子汚染につながる可能性があります。可能なら、コンポスターを使う場所の近くで採集したほうがよいでしょう。

探すのは、刈られた草が積まれている場所や堆肥置き場。身近にそんな場所がなければ、手近な土に浅く生ゴミを埋めてみましょう。シマミミズがいる場所なら2~3日後に掘り返すと生ゴミを好むシマミミズが集まっているはずです。採集したミミズをコンポスターに入れておけば、コンポスターのなかで繁殖して数を増やし、処理能力も高まっていきます。

STEP 12

ミミズコンポスターを使う

  • Sp 9a0fed05 81ca 4802 8b53 7e7ffcc5ef74
    表面に軽く土をかけて葉や新聞紙で覆う
  • Sp 052fc022 5153 4cbf b14f 04ab21822e86
    黒土に落ち葉を混ぜ合わせて基材に
  • Sp 2b1763d0 6fde 46fc b246 86f6e2450a94
    柑橘類の給餌は厳禁

ミミズを調達できたらコンポスターを設置して基材を入れます。設置する場所は直射日光が当たらず、雨が降ってもぬかるまない場所が理想的です。ミミズコンポスターの基材となるのは、落ち葉や細い枯れ枝と黒土をブレンドしたもの。この基材はミミズに隠れ家を提供し、生ゴミが足りないときの餌にもなります。落ち葉の入手が難しい場合は、園芸店などで売られているヤシがらを主体とする園芸土も使えます。

基材の用意ができたら軽く湿らせてからミミズを入れて数日寝かせ、ミミズを基材に慣らします。ミミズが土と馴染んだら生ゴミを投入。上から軽く土をかけ、幅広な葉っぱや濡らした新聞紙などで覆い、保湿しつつ光を遮ります。

生ゴミの処理能力はミミズの数に比例するので、立ち上げ直後は少なめに生ゴミを入れ、ミミズが投入した生ゴミを食べ切りそうなタイミングで新たな生ゴミを追加していきます。

食べられた生ゴミは糞として排出され、小さな粒状の土へと変換されていきます。コンポスターの縁まで基材のかさが上がったら、枠を隣へ移動させてミミズと上部の土をお引越し。新たな基材を追加して再度コンポスターを立ち上げます。コンポスターの下層は分解されているので、野菜や花の堆肥として活用できます。

植物質の生ゴミは得意なシマミミズですが、肉や魚などの動物質と塩分の高い食材、柑橘類は苦手。これらのゴミは生ゴミ処理器か別の方法で処理しましょう。

STEP 13

『やった!レポ』に投稿しよう

いかがでしたか?黒土を使った「生ゴミ処理器」、またはミミズの力を借りる「ミミズコンポスター」が完成したら、写真をとって『やった!レポ』に投稿しましょう!苦労したことや工夫したこと、感想などあれば、ぜひコメントにも記載してください。

MATOME
まとめ

現代の環境問題の多くは、地下から採掘した資源を濫費するために引き起こされています。採掘した地下資源で分解しないものをつくるからゴミが問題になり、化石燃料を燃やすから温暖化ガスが生まれています。

これらの問題の根本的な解決策は、地下にあるものを燃やさず、地上にある資源と命を循環させながら利用すること。すでに地上にあって、利用したのちに分解・再生するものを使っていれば、環境を大きく壊すことはありません。

生活に循環を簡単に取り入れる方法はたくさんありますが、社会にも自分にもメリットが多く、取り組みやすいのがコンポスターです。土に入れたゴミが、10日ほどで分解されるのはまるで魔法のよう。家庭から出るゴミの量が大きく減ることにもきっと驚くでしょう。そして、生ゴミを庭先で分解しているうちに、そのほかのゴミの捨て方やリサイクルにも興味が湧いてくるはず。コンポスターは、循環型のライフスタイルへと背中を押してくれる道具です。

\ キャンペーン情報 /
ケース・バンド・裏蓋に、植物由来の再生可能素材
「バイオマスプラスチック」を採用したPRO TREKの
エコモデルの発売を記念して!
PRO TREK PRW-61 × WILD MIND GO! GO!
書籍プレゼントキャンペーンはこちら

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
5知性
3感性
アクティビティ
つくる
環境
街 ・ 田畑
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
4時間~6時間
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(15人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ