D22356f3 ad00 410d ba24 9211a316b101
2016.08.122797 views

魚は物陰に潜む! 「ガサガサ」で魚採り

5

藤原祥弘

エディター/ライター

強い日差しと高い気温が気がかりで、子供たちを野外に連れ出しづらい夏。しかし、座っているだけでも汗が噴き出すような日こそ、ぴったりの遊び場があります。その場所は……川! 冷たい水でクールダウンできる川なら、真夏日でも安心して楽しめます。浸かって楽しめるような川に出かけたら、挑戦したいのが「ガサガサ」。岸際の草や岩の下の魚を追い出して、タモですくいあげる漁法です。釣りをするにはちょっと幼い子供でも楽しめて、釣りよりも多種多様の生き物に出会えるのがガサガサの魅力。川の生き物とお近づきになるのに、ぴったりの遊びです。※水難事故防止のためにライフジャケットを着用し、河川では、天候変化やダム放水による増水に充分注意しましょう!

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • タモ

    1

  • バケツorプラケース

    1

  • ライフジャケット

    1

  • ラッシュガード

    1

  • 水着

    1

  • サンダル

    1

STEP 1

まずは手近な清流へ!

  • Sp e536604a 7c27 41b6 b3e2 ba03b0ba9886

子供と水遊びを楽しむなら、水流の多すぎない小さな川がオススメ。深い場所でも水深が子供の腰ほどの川なら、流されたり、溺れたりする危険も少なく、小さな子供でも安全に楽しむことができます。そんな川に心当たりがないときは、住んでいる都道府県名と「清流」「川遊び」などの語句で画像検索! きっと家の近くに川遊びにぴったりの場所を見つけられるはずです。

STEP 2

ガサガサスタイルに着替えよう

  • Sp 29c7e589 8e7d 4163 a8d9 e70fe9f0ded0

川遊びをするときは、水切れがよい化繊の上下とシューズを着用します。服はダボっとしたものより、体にぴったり合うもののほうが水流を受けづらく、水中でも軽快に動けます。足元は履き古した運動靴やウォーターシューズか、つま先が覆われ、かかとをしっかりホールドできるサンダルなどがオススメです。つま先が出たサンダルや、しっかりホールドできないサンダルは、つま先をケガしたり、簡単に川で流してしまいます。そして、忘れてはいけないのがライフジャケット。川の中で転んだり水流に流されても、ライフジャケットがあれば呼吸が確保されます。

STEP 3

岸の草陰をガサガサ!

  • Sp 2121e337 a6a4 4d16 87a3 639153677922
  • Sp 6f7af575 7317 4102 be5e 7ae4baf2cdc6

小魚は岸際の草の陰に多く潜んでいます。川の真ん中のほうから岸へと近づいたら(こうすると泳いでいた魚も追われて岸際へ逃げ込みます)、タモを構えて草陰の下流側に静かにセット。タモを置いたら、今度は上流側から足を使って草をガサガサと震わせ、タモへと魚を追い込みます。この時のコツは、網をしっかり岸際にくっつけること。追われた魚は、草の陰を岸に沿って逃げるので、網が岸から離れていると隙間から逃げてしまいます。タモを上げるタイミングも重要です。追われた魚が網へと入っても、そのタイミングで引き上げなければ、魚はまた網の外へ出てしまいます。もちろん、魚が入る前に引き上げるのもダメ。何度か挑戦するうちに、タモを上げるタイミングがつかめるはずです。

MATOME
まとめ

高価な道具が入らず、始めたその日から獲物と出会えるガサガサは、川に住む生き物と出会うのにぴったりの方法です。タモにおさまるのは多種多様な川の生き物たち。メインの遊び相手は、10cmに満たない小魚たちですが、ときにはヤマメやナマズ、コイのような大物が採れることもあります。そんな獲物との出会いはきっと一生ものの思い出になるでしょう。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性5
3知性
3感性
アクティビティ
探す
環境
季節
春 ・ 夏
所要時間
30分~60分
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(12人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ