5dd5a267 9c5d 4031 8434 e66771399cc7
2022.02.24662 views

ブリコラージュ入門!寄せ集めの材料でランタンを作ってみよう

8

GO!GO!編集部

GO!GO!編集部
ひとつひとつの材料や道具から発想を得て、知恵を絞ってみよう

「冷蔵庫に残っているありあわせの食材で作った料理がすごく美味しかった」「いつか使えると思って残してある箱や瓶などがたくさんある」そんな人は「ブリコラージュ」に向いているかもしれません。

今回のテーマである「ブリコラージュ」とは、モノづくりの方法のひとつで【寄せ集めの材料や道具を使って手作りすること】を意味します。その語源は、「ブリコレ bricoler」というフランス語の動詞で、ボールが跳ね返る/犬が迷う/馬が障害物を避けて直線から逸れる、といった「偶然起きてしまった動き」を表す言葉が由来となっています。つまり計画的に準備、設計するのではなく、身のまわりにあるモノを集めて、モノから発想を得ながら新しいモノを生み出す手法なのです。

今回のHowtoでは「ブリコラージュ」の面白さを学びながら、寄せ集めで作るひとつの例として、WILD MIND GO!GO!編集部がブリコラージュした簡単な「ランタン」をご紹介します。モノから広がるアイデアや、偶然性を取り入れることで生まれる迷いや戸惑いを楽しみながら、自分だけのモノづくりをしてみましょう!

READY
準備するもの
  • ティッシュペーパー

  • アルミホイル

  • サラダ油

  • 爪楊枝

  • マッチや点火棒

  • ハサミ

STEP 1

もっと知りたい「ブリコラージュ」

  • Sp 98324144 aac8 4730 81ae 8d0d35243141
    『野生の思考』レヴィ・ストロース著

「ブリコラージュ」は、フランスの人類学者レヴィ・ストロースが著作『野生の思考』で提示したモノづくりの方法です。レヴィ・ストロースは、何かの断片や、余り物を使って、日常生活に役立つモノをつくることが世界各地で見られることを紹介し、それを「ブリコラージュ」と呼びました。

また、ブリコラージュをする人を「ブリコルール」と言い、使えそうなモノをストックする/モノを解体し、また違うモノへと作り替える/使えなくなったモノをあり合わせで直す人のことを指します。他にも、ひとつのことから別の視点を生み出す人、その場にあるモノや情報だけで危機を脱する人、という場面でも使われます。日常的に目の前のモノやコトから知恵と想像力を働かせる人がブリコルールなのです。

それに対し、計画的に設計して適合する部品を用いることをレヴィ・ストロースは「エンジニア」的なモノづくりと定義し、ブリコラージュとは対照的だと考えられています。私たち現代人は、常にスケジュールを立て、予定通りに活動する「エンジニア」的行動が多いのではないでしょうか。ブリコラージュは、私たちが忘れかけている、自分自身の知恵を絞り出すこと、自分で工夫し想像力を刺激するきっかけを与えてくれる方法なのです。

STEP 2

身近にあるモノを「寄せ集め」してみる

  • Sp 5d335308 964f 4eca 9a4d c7f399caeda7
    材料になりそうなモノを集めよう!
  • Sp 7b55f982 cca2 4d38 b416 eb5f8b85c1f1
    分解してみよう!

まずは身近なモノから材料と道具を集めてみましょう。ブリコラージュでは、なにが材料で、なにが道具かを決めるのは自分次第です。道具だと思っていたモノが材料となったり、材料と思っていたモノが道具となることもあります。

私たちが「使わない」と思っても視点を変えてみると、多種多様な使い方が見えてきます。「壊れた」と思っていた製品を分解してみることも、新しい用途を見つける方法のひとつです。また分解することは、モノづくりを学ぶ機会でもあります。モノの成り立ちを知り、新たなブリコラージュの知恵を発見していきましょう!

POINT

ブラウン管テレビや冷蔵庫などは取り扱いに注意が必要な部品が使用されているため、分解は禁止されています。家電製品を分解する際は、分解可能な製品かまずは調べてみましょう。

STEP 3

寄せ集めたモノからアイデアを出してみよう

身のまわりのモノの「寄せ集め」ができたら、どんなブリコラージュができそうか、アイデアを出し合ってみましょう!まず、作りたいモノを決めたら、目の前にあるモノにはどんな使い方があるか、どんな部分に使えるか、モノと対話をしてみてください。全く違うモノだけど、「なんとなく似ているな」と“見立て”をすることも有効です。

今回のHowtoでは、ひとつの例として「暗い夜を明るくするモノ」を作ろうと思います。どうやって明るくするのか?身近な素材で、燃料になりそうなモノは何だろう?例えば、毎日使っているサラダ油は燃料となるでしょうか。また、サラダ油を燃料としたとき、灯りとして使うにはどんな使い方があるのか、などアイデアを出していきます。

ひとつひとつ、作り方も、材料の使い方も手探りで見つけていきましょう。いつも見ているモノをあらゆる角度から見直しながら、どうしたら「暗い夜を明るくするモノ」ができそうか考えてみてください。

MATOME
まとめ

「ブリコラージュ」は、WILD MIND GO! GO!の「生き物としての力を取り戻すための自然体験」というコンセプトにとても親和性が高い手法だと考えています。

寄せ集めたモノのひとつひとつに在る用途や意味を感じ、モノから得た知恵で新しいモノづくりをすることは、自然を感じ、自然から知恵を得て、未知なる冒険をすることと似ているからです。モノづくりの冒険では、生き物としての力を取り戻すだけでなく、モノの価値を組み替えて全く新しいモノが生まれたり、役目が終わっていたモノにまた役目を与えるなど、モノの力を取り戻すこともできます。

そんなブリコラージュを習慣とすることは、日々囲まれている「モノ」への見え方を変えてくれるでしょう。これから新しいモノが欲しくなったとき、今まで使っていたモノが壊れてしまったときなどには、ぜひ「ブリコラージュ」をして生き物としての力、モノの力を取り戻す体験をしてみてください!

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
5知性
5感性
アクティビティ
つくる
環境
その他
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
30分~60分
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(6人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ