2c5c56d2 c142 4813 8b76 0222d66d3b80
2018.06.14260 views

街のスキマに植物を、そして生態系を探してみよう

6

塚谷 裕一

東京大学大学院理学系研究科教授
スキマの植物が、生き生き暮らしている理由を考えよう

スキマの植物とは、文字通り、コンクリートやアスファルトのひび割れ、ブロック塀のスキマや割れ目など、思いがけない隙間に暮らす植物のことです。珍しい、と思うかもしれませんが…… 実際は、街中の私たちの身の回りは、そんなスキマの植物であふれています。しかもかなりの種数が街のスキマには暮らしています。
まずは視線を、足元のスキマに向けて歩いてみましょう。100メートルと歩かないうちに、何か緑の植物を見つけられるでしょう。その感覚を保ったまま他の道も歩いてみましょう。続々と花が見つかりませんか? 花を見つけたら、その周りにも目を巡らせてみましょう。花に昆虫が来ていませんか? もしかしたら幼虫がいて、葉っぱをかじっているかもしれません。
スキマの植物は、私たちにとって一番身近な自然であり、街中の生態系の重要な要でもあるのです。身近に暮らすスキマの植物を探しに出かけましょう。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 筆記用具とメモ

  • スマートフォン(もしくはデジタルカメラ)

  • 植物図鑑(あると楽しい)

STEP 1

街中のスキマの植物を探してみよう

  • Sp 02f33a2b 60d9 438f a87f a9b46ec897bc
    よく見かけるツメクサ
  • Sp f02d4d41 1433 4cef 9f41 1209f14f8b27
    煉瓦積みの間に…ヒメオドリコソウ
  • Sp e2dd2ccc 6e4d 4cb4 80e0 530f56e54c77
    華やかな色合いのガザニア

探し方は簡単。歩きながら視線を足元近くに配るだけです。アスファルトの割れ目や石畳のスキマに、植物が生えていないエリアを見つける方が難しいくらい、いろいろ緑の植物が見つかりませんか? 最初はコケとか小さなツメクサなど、地味な種類しか見つからないかもしれませんが、しばらく歩いているうちに、数十センチの大物や、華やかな色の花をつける種類も見つかるでしょう。慣れてきたら足元だけでなく、時には視線を上げてみましょう。ブロック塀の壁面や煉瓦積みの間に、思いがけずスキマの植物が見つかることもよくあります。

POINT

もし、めぼしい種類が見つからないとしたら、その理由は次のどれかでしょう。(1)まだ舗装や建築ができあがったばかりで、スキマがない、あるいはまだ植物が入る前の状態。(2)ビルの影で一日中日が当たらない。(3)ものすごく勤勉な管理人さんがいて、隅々まで草抜きを徹底している。
でも上記のような場所を除けば、スキマの植物は古今東西、いたる所に見られるものです。東京都大手町のビジネス街や、銀座の華やかな通りなどでも、実に多くの種類がスキマで暮らしています。

STEP 2

スキマの植物の種類を知る

  • Sp 838118a1 07b1 4852 b644 350dfef23b7a
    黄色い花を咲かせるツワブキ
  • Sp 41b30c86 689c 4772 bf50 b77ee9e63686
    匂いの印象も強いドクダミ

スキマに多い植物は、大きく分けて2つのタイプがあります。1つは、日本でもともと身近な雑草として暮らしてきた植物たちです。日本の気候のもと人里近くで長いこと暮らしてきた植物の大半は、街中のスキマにスムーズに住処を変えることができました。ツメクサ、カタバミ、スミレの類のような小型の種類から、ドクダミのような中くらいのサイズのもの、果てはススキのような大型のものまで、いろいろな種類がスキマに暮らしています。明治、大正、昭和と、海外との交流が盛んになるにつれて、日本に入ってきたいわゆる帰化植物たちにとってもスキマは暮らしやすい環境です。セイヨウタンポポやハルジオン、ノゲシ、オニタビラコなどは、日本全国どこに行ってもスキマでよく目にする帰化植物です。

POINT

ユキヤナギやナンテンのように、木になる種類もスキマで見かけます。これらはその近所の庭か公園からタネで逃げ出してきたものだと思われます。ユキヤナギは細かくて風に乗る小さなタネが自然とスキマに挟まって、ナンテンの場合は、赤くて目立つ実を食べた野鳥によって、フンとともにスキマに落ちて生えてきたものでしょう。

STEP 3

その正体は園芸植物

  • Sp 9d1fd26a 82d3 4d2c 8d50 9d99022e4f03
    親株をすぐ近くに発見…ペチュニア
  • Sp 741e03c4 28e8 423e 8854 bb5dcbcf4400
    ブロック塀のスキマから顔を出すハナニラ
  • Sp 0fc9d1fc 59ab 4abf aa1b 2c6a6fe8bd09
    トレニア

スキマに多い植物、もう1つのタイプは園芸植物です。大きな花壇のある都市公園の周りや、園芸趣味の方が多く住む市街地で特に目立ちます。ペチュニア、ベゴニア、ニチニチソウ、小型のパンジー類などがその代表格です。花壇や鉢植えで楽しむ間にたくさん小さなタネをつけ、自然と周りにタネをまき散らすタイプの植物です。今では園芸店で見かけないような、古い品種を見かけることもあります。これはだいぶ前にスキマに移り住み、その後代々その土地で花を咲かせてきたものでしょう。あるいは逆に、つい最近ガーデニングにデビューしたばかりの最新品種を見つけることもあります。これはごく最近、どこかから逃げ出してきたものでしょう。そういう種類を見つけたときは少しあたりを巡り歩いてみると、もともと親株が育てられていた区画の見当が付くこともあります。

POINT

園芸植物がスキマに生えるきっかけは、タネでやってきたケースばかりとは限りません。もともとは宅地の庭先で育てられていたものが、ある時工事で更地となり、その後にアスファルトなどで上を塞がれたため、やむを得ず植物の方で工事終了後にアスファルトやコンクリートを割って出てきたような事例もよく見かけます。ブロック塀の内側で育てられていた植物が、地下茎などで塀の下をくぐり、道路側とのスキマから顔を出すケースも少なくありません。

MATOME
まとめ

スキマは街にとって、とても大事な自然の構成要素です。1つの街のありとあらゆるスキマから植物を一掃してしまったら、その街に暮らす植物の種数は激減するでしょう。もしかすると9割近くが失われるかもしれません。
それだけではありません。スキマの植物を食べて暮らす昆虫も一気に減ってしまうでしょう。昆虫、特にアリはスキマの植物の種子散布に一定の貢献をしているので、昆虫が減ればスキマの植物の供給も途絶えます。昆虫がいなくなってしまったら、街中で雛を育てる小鳥たちはどうしたらよいでしょう。朝や夕方の小鳥のさえずりも、スキマの植物を一掃したら同時に消えてしまうのです。そして小鳥たちが姿を消してしまったら、庭や公園の果実を食べる動物がいなくなり、フンを介しての新たなスキマの植物の供給もできなくなります。
こうして見ると、スキマの植物こそは、街の自然の、生態系の要であることがはっきりとしてきます。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
4感性
アクティビティ
探す
環境
街 ・ 公園
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
~30分
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(8人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ