2f170cd0 f705 4435 8e7b 74c51b74ad14
2016.08.122579 views

昆虫採集 トラップを仕掛けてカブトムシを捕ろう!

4

佐藤繁一

NPO法人国際自然大学校 事務局長

森を観察し、どんなところにカブトムシやクワガタムシが来るか予想しながら、トラップを仕掛けてみましょう。ただやみくもにトラップを仕掛けるのではなく、木々をじっくり観察してカブトムシやクワガタムシが好む木を見つけます。クヌギやコナラの樹液に集まると図鑑には書かれてますが、森の中で実際見分けることができるでしょうか?トラップを使わずに木の樹液などを見つけて採集活動ができればよいですが、「罠を仕掛ける」のも採集本能をくすぐって面白いものです。*注意:夜、雑木林に採集に入る場合は、危険な場所や通れない場所、暗いとわかりにくい場所を、明るいうちに確認しておきましょう。夜いきなり行くと森の中で迷ったり、思わぬトラブルに遭遇することもあります。*注意:虫刺されや怪我の予防を考えて、適した服装、準備(虫よけ、帽子、タオル、長袖長ズボン、手袋、運動靴など)をして出かけましょう。また、水分をよく摂取し体調管理には気を付けて活動しましょう。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • バナナ

    2~3本

  • 補虫網(高いところに虫がいた場合に必要)

  • 焼酎

    100㏄

  • 黒砂糖

    60g

  • 50㏄

  • チャック付ビニール袋

  • 台所三角コーナー用メッシュ袋

  • カット綿

  • 麻紐

  • 懐中電灯(ヘッドランプもあるとよい)

  • 飼育ケース

STEP 1

トラップ液(エサ)を作ろう

  • Sp fa4b4ae7 437b 4d53 8148 c25d0901eb38

自宅でトラップ液を作ります。
・バナナトラップ:バナナを1/2程度に切り、チャック付ビニール袋に入れます。そこに焼酎100㏄程度を入れて、常温で二日間程度発酵させます。
・黒蜜トラップ:焼酎200ccを鍋で沸かしてアルコール分を飛ばします。そこに黒砂糖60g、酢50㏄を加えて人肌になるまで冷まします。

STEP 2

森を観察しよう

  • Sp 8489b363 ca3b 4c88 862e d659b10d03c2
    クヌギの幹
  • Sp 454cc9dd 8055 4ca2 b9ad a9649966189e
    クヌギの葉っぱ
  • Sp dcc0643e 4da1 4222 926c ebc22b34ddc2
    コナラの幹
  • Sp 52d19c46 5ac1 471d 809a d5d9e98562e9
    コナラの葉っぱ
  • Sp 164946e6 3175 4102 bece 6e54a6464007
    樹液

カブトムシなどが好む森には、どんな木が生えているでしょうか?地域によっても少し違いがありますが、代表的なのはクヌギ、コナラ、ヤナギなどの木などです。これらの木を見分けるポイントは、木の幹と葉のカタチ、そしてドングリ!
カブトムシが集まりそうな木のポイントは、樹皮が傷ついていて樹液が出ていたり、樹皮が剥がれて中の木肌が見えている木などです。カブトムシは、クヌギやコナラといった広葉樹から染み出る樹液が好物です。樹液のまわり、木の葉っぱや枝の裏、その影など外敵から身を守りやすそうな場所も観察しましょう。
採集に小さなお子さんを連れて行く場合は、なるべく地面が平らで開けた雑木林に行きましょう。斜面があったり、やぶが深いと思わぬケガをすることがあります。
また、森の中には触ると痒くなる植物や、ハチやブユなどの刺す虫もいます。カブトムシのエサにはハチが寄って来ることもあるので十分注意しましょう。
しっかりと装備をして森の観察に出かけましょう。?
・スズメバチ:スズメバチが近くにいたら、たとえカブトムシがいても手を出すのはあきらめましょう。
・ヘビ:マムシやヤマカガシのように毒があるヘビもいるので、見分けがつかなければ近づかないようにしましょう。

POINT

<クヌギとコナラの特徴>
・クヌギ:クヌギの幹は濃い灰褐色で、デコボコがはっきりしてます。似たような木もあるので、次に見るのは葉です。葉先が少し尖っていて、縁はギザギザ状です。最後はドングリ。根元に落ちている昨年のどんぐりを探してみます。
・コナラ:コナラの幹もクヌギほどでないけど、それなりにデコボコして、縦に大きめの茶色の筋が見えます。コナラの葉はゆるやかなたまご型といった感じ。ドングリはまる長です。

STEP 3

さあ、トラップを仕掛けよう!

  • Sp ccfc426c 208b 4e70 828a 466bb272bf48

よさそうな場所を見つけたら、トラップを仕掛けてみましょう。
・バナナトラップ:チャック付ビニール袋から発酵して柔らかくなったバナナを取り出します。使わなくなったストッキングや三角コーナー用のメッシュ袋に入れて、麻紐で木の幹にくくり付けます。
・黒蜜トラップ:人肌になるまで冷ました液体をカット綿に染み込ませ、麻紐で木の幹にくくり付けます。

POINT

バナナトラップも黒蜜トラップもトラップ液が地面にたくさん垂れてしまうと、アリがたかってしまうので注意してください。水気を切ってから仕掛けましょう。

MATOME
まとめ

子どもたちにとって、大好きなカブトムシなどの昆虫採集は、昆虫や野生動物の生活、自然と命のつながり、また尊さを知る貴重なきっかけになるでしょう。ただ、採集した昆虫をお家で飼育するには、生き物を飼う責任感が必要です。持ち帰る前によく考えましょう。また、フィールドを去る時は、トラップをすべて回収しゴミとして処分しましょう。そのまま残すと分解されず自然を汚すことになります。一生懸命虫を探していると「昆虫の目」が手に入ります。漠然と森を眺めていた時は目に入らなかった、昆虫が居そうな場所に視点が行くように目力が少しずつ付いていくでしょう。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性4
3知性
3感性
アクティビティ
探す
環境
季節
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
  • S.K
    2016.08.21 22:20

    子供と一緒に楽しくトラップ作りからやりました!
    バナナトラップは常温で二日間発酵させる必要があり、今回時間がなかったので黒蜜トラップを作りました。
    森は近所の公園で16時頃、コナラの木に2か所ほどトラップをしかけました。
    カット綿と麻紐はなかったため、家にあったガーゼとビニール紐で代用しました。
    夜21時すぎにカブトムシがかかってないか、子供と見に行きました。
    残念ながらトラップにカブトムシはかかってなかったのですがセミはいっぱい発見することができました。
    虫取り網を持って昆虫採集するだけだと行きたがらない子供達もトラップをしかけるところや夜出かけられるところがとても興奮したようでいつも以上に楽しんでいました。
    また来年もチャレンジしたいと思います!

クリップしたユーザー(13人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ