39f78115 ecb0 420f b642 55077d0bd778
2021.09.301499 views

登山は知的な大冒険 自然の中に潜むナゾや不思議に会いに行こう!

5

大内 征

低山トラベラー/山旅文筆家
山と「自分の好き」を掛け合わせて、登山+αを楽しむ

次の週末はどこの山へ行こうーー。
そんなことを思いながら山の計画を立て、選りすぐった道具をパッキングする時間は、本当に楽しいですよね。憧れの山にも行きたいし、山友達が話していた初耳の山も気になるし。SNSで見かけたあの山はどこの山だろうとか、雑誌で目にした写真がとても印象的で近い将来の目標になったとか……。山の選び方も登山計画の立て方も、きっと人それぞれに個性が出るものだと思うのです。

ぼくはというと、夜な夜な山の地図や書物などを広げてビールを飲む時間がこの上なく好きで、その流れで計画を立てることがたびたびあります。しかし、ただ「登山をする計画」を立てるわけではありません。山と掛け合わせる自分視点のテーマをもって、登山+αの楽しみ方そのものを考えるのです。

というわけで、ここでは自分視点のテーマを見つけるヒントをいくつか紹介していこうと思います。

関連記事:
登山は知的な大冒険 文系登山に出かけよう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/183

READY
準備するもの
  • 登山用の衣類(汗や雨に濡れてもすぐ乾く素材)

  • 登山用の雨具(レインウェアは防風にも役立ちます)

  • 登山用の靴(滑りにくく、水や汚れに強いもの)

  • 登山用のザック(自分の体型にあったものを)

  • 登山用の地図(紙の地図とスマホアプリ「YAMAP」など)

  • 腕時計(現在時刻、行動時間、方位などの確認できるもの)

  • 救急道具(切り傷、擦り傷、万が一の常備薬など)

  • 水(水分補給、調理、傷口を洗うときに使用)

  • 食べ物(おにぎりやパンなど、さっと口に入れられるもの)

  • ヘッドライト(山は町より早く暗くなり、街灯もありません)

  • ゴミ袋(ゴミは絶対に持ち帰るのがマナーです)

  • 好奇心

  • 冒険心

  • 恐怖心

STEP 1

「登山×○○」あなたなら、なにを入れる?

  • Sp a446c727 38b3 411d a705 df0d85823bee
    なぜここに?ナゾが深まる巨石や磐座
  • Sp 61bfb852 da38 4aa3 9a83 11bf70c2eab9
    古代ロマンを感じる、山中の古墳や古代遺跡
  • Sp 8ae83f18 2bc3 4893 ba7c d2c5188ac4ab
    昔話や神話の舞台となった山や道

たとえば「登山×○○」の○○に自分の好きなモノや気になるコトを入れてみると、ひと味違ったプラスアルファの山旅をつくることができます。○○に入るキーワードは無数。まずは自分の好奇心と探究心から○○の中を自由に設定してみましょう。

ぼくの場合は、山に行く度に目に入る巨石や磐座の存在が気になってしまうので、よく「登山×巨石×信仰」のようにテーマ設定します。巨石についての情報は、地元の人から話を聞いたり、居合わせたハイカーとの情報交換だったり、書籍や地域資料に目を通したり、ネットで検索したり、地図から探したりとさまざま。そうして登山計画を立て、リスクにも備え、実際に会いに行くときのワクワク感たるや!

試しに真っ白なノートを用意して、気になっていることや関心の高いことを、ざーっとキーワードにして書き出してみましょう。特に、山中に存在するナゾや不思議に注目してみると、新しい登山の扉をひらくことになるかもしれません。あなたならではの○○が、山の楽しみ方を広げてくれるのです。

STEP 2

不思議と惹きこまれる! 巨石や磐座に会いに行く

  • Sp 103523fb a6fa 44bd b684 82428d446c89
    (1)
  • Sp f6b1460a f43b 4c73 8066 f5b6330fd9cf
    (2)
  • Sp e1759f46 bb7c 4027 b428 a1e6e6a95ed1
    (3)
  • Sp 99797f8d e703 4444 b44a 54ec239e7a1d
    (4)

それにしても、巨石には不思議な魅力があります。樹林帯を歩いているときに突如その姿を現したときなんて、その大きさに感動し、その形に驚き、その雰囲気に癒されもし……。神の仕業とでもいえばよいのか、あまりの存在感に言葉も出ない経験も数えきれず。畏怖、ですね。

面白いのは、そうした巨石が人里の近い低山里山に数多く存在するということ。高い山に行かなければ出会えないというわけではないのが、またいいんですよね。巨木や滝なども同様に、山の中には人知を越えた造形というものが、確かに存在しています。

写真は、ぼくがこれまでに出会ったおすすめの巨石を紹介しています。
(1)雑木林の中に広がる異質の空間、神在神社の神石(福岡県糸島市)
(2)この奥に数十メートルも続く、金比羅山の巨大な磐座(東京都あきる野市)
(3)神が降り立ったと伝わる、金華山の天柱石(宮城県石巻市)
(4)海の見える絶景稜線で愛嬌をふりまく、王子が岳のニコニコ岩(岡山県玉野市)

STEP 3

ナゾが深まる! 古代遺跡に会いに行く

  • Sp 130c49db e8c6 47de 861c 2bd586550344
    (1)
  • Sp a3834d5f 94fc 4260 aae1 f47510d6777e
    (2)
  • Sp e22d9c1e eca1 47fc bd3c e3b59a52628c
    (3)

山頂が古墳になっている山、山中に環状列石などの古代遺跡がある山、神社の奥宮が巨大な磐座になっている山などなど、古代の人びとが手掛けた人工物や祭祀にも興味は尽きません。なぜそこにあるのか、なぜそんな配置なのか、その「なぜ」を問いながら歩くのも楽しいし、下山してなお続く空想の山旅もまたいいものです。

遺跡の多くは太陽や周辺の火山との関係を感じさせます。富士山や阿蘇山、八ヶ岳や浅間山といった山々の周辺には古代の祭祀が多いですし、それらの山々を眺望するちょっと離れた丘などには古墳があったりします。そうした遺跡では、周辺の風景もよく観察してみましょう。山や海が見えることが多く、地図を片手に山座同定するのは楽しいもの。地名を調べることは、その地域を学ぶ第一歩ともなります。

写真では、ナゾが深まるおすすめのスポットを紹介しています。
(1)天狗山の山頂は積石型の古墳!?(山梨県甲府市)
(2)猪群山にはストーンサークルが!?(大分県豊後高田市)
(3)金山巨石群は古代の天文台だった!?(岐阜県下呂市)

MATOME
まとめ

遠くの高い山に挑戦するのも、身近な低い山に通うのも、それぞれに異なる魅力があるのが登山のいいところです。山の高きも低きも交互に楽しむことができれば、未来に向けた「登山ライフ」は無限に広がり、続いていくーーぼくはそう考えています。ですから、山を愛するたくさんの人たちに「あなたの○○はなに?」ということを問い、ぼく自身の登山の楽しみ方を広げたり深めたりするヒントにしています。

今回の「登山は知的な大冒険」では、自然の中に潜むナゾや不思議に会いに行こう!をテーマに、みなさんの○○を考えていただくきかっけになればいいなあと、筆を執りました。ぼくは巨石・磐座、古代遺跡、昔話や神話の舞台で○○を埋めてみましたが、そこに正解なんてありません。人の数だけ○○はあるし、その日の気分で○○は変わるでしょう。それでいいと思います。

みなさんの地元の山で、それぞれの○○をどんどん掛け合わせ、ぜひ楽しい登山ライフを編み出してください。そして、もしよければ、それを「やった!レポ」に投稿し、同じ気持ちをもつ山仲間の登山ライフをひろげる手助けをしていただけると嬉しいです。山を愉しむ視点をお裾分けし合い、その喜びを分かち合う。これからの登山は、そういうことをどんどんしていくのがいいと、ぼくは思っています。

山で会ったら、お互いの○○を共有しましょう!

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
4感性
アクティビティ
探す
環境
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
4時間~6時間
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(4人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ