483b1f02 058b 4db2 8bd9 74152eeafc3c
2022.08.122204 views

自然の神秘!透かしホオズキをつくろう

9

GO!GO!編集部

GO!GO!編集部
植物の不思議に触れて、その繊細な造形を楽しむ

自然は偉大なアーティスト!その細部を観察すると、ドキドキするほど感動させられることがあります。植物で見られる「葉脈(ヨウミャク)」もそのひとつ。筋状や網目状などに広がる葉脈は、まるで緻密に計算されたアート。少し手を加えると、身近に楽しめる自然のオブジェになります。

「透かしホオズキ」は、ホオズキの紙風船のように膨らんだ袋部分を、水に浸けておくことで葉肉を腐らせ、丈夫な葉脈だけを取り出したもので、その形や造形をじっくり観察することができます。ここでは、そんな透かしホオズキのつくり方を紹介します。

誰でも簡単につくれるので、お盆で余ったホオズキを使って、観賞用や自由研究に試してみてはいかがでしょうか?

※他にも、重曹を使って短時間で葉脈を取り出す方法も紹介しています。
「葉脈標本を作ってみよう!」
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/94

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • ホオズキ(必要なだけ)

  • ホオズキをつける容器

  • 容器のフタ(またはサランラップ)

  • 水(またはぬるま湯)

  • 割り箸 

STEP 1

まず知りたい!ホオズキの実のまわりの袋って何?

  • Sp 4db70db9 5ba9 4db9 8493 f4c4ae96091b
    オレンジに色付いたホオズキ
  • Sp fd68bca6 0ef2 4fcd 8d2c 6db11711df13
    ホオズキの花の萼(ガク)

お盆の時期になるとよく見かける、ふっくら膨らんだオレンジ色のホオズキ。このホオズキの膨らんだ袋の部分は、何か知っていますか?これは、ホオズキの花が咲いた後に、花びらの外側にある「萼(ガク)」が、実を包み込むように成長したもの。袋の内側の実にはたくさんの種子が詰まっているので、鳥や虫などに食べられないように、萼を広げ保護していると言われています。はじめは緑色をしていますが、7月後半から8月にかけて次第に色づき、キレイなオレンジ色になります。

袋をよく観察すると、筋状や網目状に通る筋があります。これが葉脈です。葉脈は、植物にとって水や栄養の通り道となり、葉をしっかり支える役割があります。人に例えると血管のようなもので、ストローのような管の集まりです。そのため、まわりの葉肉よりも強く腐りにくくできています。

ここでは、この葉脈と葉肉の性質を利用して、ホオズキの葉肉を腐らせて葉脈だけを取り出し、透かしホオズキをつくります。

STEP 2

準備をしよう

  • Sp f653ff6b b036 4dcc 84ba db4c1e80dd96

必要になるのは、ホオズキとホオズキをつける容器。そして、ホオズキが浮いてこないように押さえるための割り箸です。

ホオズキは、茎から切りとった、できるだけ形のキレイなものを準備します。生のものでも、乾燥したものでも構いませんが、ここでは乾燥したものを使いました。

容器は、準備したホオズキがしっかり浸けられるサイズで、蓋付きのものがおすすめ。水につけている間、腐った臭いがするので、蓋を閉めておくことで臭いの広がりを抑えてくれます。蓋がない場合は、サランラップなどで代用することもできます。また、透明なものであれば、つけている間の様子が観察できるので便利です。

STEP 3

ホオズキを水につける

  • Sp ba324dc8 8872 46b6 bd1f fdc82e175ae8
  • Sp 2dd9b880 be84 4314 9aee 4e11d5a6adc8
  • Sp ebc783de 084a 4725 8559 2c48dd6f0900

はじめに、準備したホオズキを容器に入れ、浮いてこないように割り箸などで突っ張り棒をつけます。続けて、ホオズキが完全につかるように水、またはぬるま湯を入れます。早く腐敗を進めたいときは、ぬるま湯でつけるのがおすすめです。ここでは、35度ほどのぬるま湯を入れました。

ホオズキがしっかり水につかったら、お箸などでホオズキを揺すり内側の空気を抜き、袋のなかまで水が入るようにします。空気が入っていると、その部分が水に触れず腐りにくくなるので、丁寧に空気を抜くようにしましょう。

最後に、しっかり蓋をして暖かいところで保管します。腐敗を進みやすくするために、昼間温度の上がる日当たりの良い庭先やベランダに置くと良いでしょう。腐敗してくると、かなり臭いも出るので、外に置くことをおすすめします。

MATOME
まとめ

いかがでしたか?人間には到底まねできない緻密で美しい自然のアート「葉脈」。自然の絶景は、何も遠くへ出かけて見るものだけではありません。視点を変えるとすぐ近くでも見つかるものです。

透かしホオズキは、葉脈と葉肉の性質を利用して少し手を加えることで、そのキレイな造形を鮮明に見えるかたちで取り出すことができます。普段見ているものから形が変わることで、植物をオブジェとして捉えたりと新しい見方も得られ、そこから興味が湧き新しい発見にもつながるはずです。

ぜひみなさんも、透かしホオズキで、美しい自然の造形を楽しんでみてください!

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
3知性
4感性
アクティビティ
つくる
環境
季節
夏 ・ 秋
所要時間
1日以上
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(12人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ