4f72b3bc ecd7 4e8b 9f4d 13ffe0f2941c
2016.11.021313 views

竹でものづくり!

3

加納麻紀子

特定非営利活動法人 くまの木 里の暮らし

竹は、昔から身近な資材として生活に利用されてきました。プラスチックなどの代替材が普及し、今では、生活用品等に竹が使われることは少なくなっていますが、竹は切りたてでも加工ができる素材です。さぁ、竹を使った簡単なものづくりにチャレンジしてみましょう!
*のこぎりやナタ、小刀を使う作業は、保護者の方や大人と一緒に注意して行いましょう。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 軍手

  • 竹切り用ののこぎり

  • なた

  • 小刀

STEP 1

竹を用意する

  • Sp 3f936fce f1b8 457f b2ca bef365146ec8
    長い竹を切る

近くに竹林があって、持ち主の方の理解が得られれば、竹の切り出しから体験させてもらいたいところです。持ち運べる長さに切って運び出しましょう。

STEP 2

食器やおもちゃを自由につくってみよう

  • Sp a3f90847 08db 41aa bc9f e5efbfea778d
    ナタで割る

節(ふし)をうまく使って輪切りにすればコップなどの入れ物に、ナタを使って縦に割ればお皿に、さらに細く割ればお箸になります。また、竹ぼっくりや竹の水鉄砲、小刀を使って少し細工が可能なら竹トンボなどのおもちゃも作れます。遊び道具の作り方はぜひおじいちゃん世代に教えてもらいましょう。

STEP 3

つくったものを使ってみよう

  • Sp 0e046c9a aa43 4063 a3b0 8407939e70d3
    全身でバランスをとって竹馬に挑戦!

食器はサンドペーパーをかけて切り口を滑らかにしてから使いましょう。自分で作った食器で食べるごはんは格別ですね!
子どもたちが昔から遊んできたおもちゃはどうでしょう。竹ぼっくりや竹馬は全身でうまくバランスがとれないと上手に乗れません。竹トンボはうまく飛ばせるでしょうか?何度か練習が必要かもしれませんね。周りの人とぶつからないよう、広いところで楽しみましょう。つくった作品や風景を『みんなのやった!レポ』に投稿して、シェアしませんか?質問や感想は『コメント』にぜひ記入してください。

MATOME
まとめ

丈夫でまっすぐに伸びる竹は、竹ぼうき、竹のはしご、物干し竿、ざる・かご、傘や団扇、竹ひご、竹尺などたくさんの生活用品に使われてきていました。
しかし今では竹の利用が少なくなり、残念ながら荒れた竹林が多くなっています。竹は成長が早く、あっという間に雑木林や田畑に迫る勢いで広がってしまうので、困っている地域もたくさんあります。
一方で、広がりすぎた竹を現代の暮らしに利用する技術の開発も進められているので、そんなことにも目を向けてみたいですね。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
3知性
3感性
アクティビティ
つくる
環境
その他
季節
秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学生高学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(10人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ