06d9ce05 52ec 4f84 86c4 91d53f1110a0
2017.01.105535 views

冬に見られる不思議な蛾、フユシャクを探そう

6

川邊 透

虫系ナチュラリスト

寒い冬のフィールドでは、虫たちの姿はほとんど見られませんが、そんな季節をわざわざ選んで活動する変わり者の蛾「フユシャク」がいます。フユシャクとは、漢字で書くと「冬尺」。冬に出現するシャクガ(尺蛾)の仲間のことです。日本国内に35種類ほどが生息し、探し方さえ知っていれば、身近な自然公園などでも見つけることができます。

フユシャクのオスは普通の蛾なのに、メスは翅(はね)が退化していて、とても蛾の仲間とは思えない奇妙な姿をしています。

真冬のフィールドで、翅のないメスがひっそりとフェンスにとまっていたり、お互い似ても似つかないオスとメスが交尾している場面に遭遇すると、私たちのすぐそばで、人知れず繰り広げられている小さな自然のドラマに感動することができます。

READY
準備するもの
  • ルーペまたは虫メガネ

  • 定規またはメジャー

  • カメラ(スマホや携帯電話でも可)

  • ノート

  • 鉛筆

  • 防寒具

  • 懐中電灯(夜間観察の場合)

STEP 1

フユシャクのことを知る

  • Sp 26d7a2da 80c7 4242 ac70 0293bbe06b58
    フユシャク図鑑をチェック

フィールドに出かける前に、まず、フユシャクという生きものについて予習しておきましょう。一口にフユシャクといっても、晩秋から初冬にかけて見られるもの、真冬によく見られるもの、冬の終わりから春先の頃に見られるものなど、種類によって活動時期が異なります。今の季節であればどんな種類が見つかるか、ということを頭に入れておきましょう。

市販の昆虫図鑑にも一部の種類が載っていますが、たくさんの種類をより詳しく調べるにはインターネットが便利です。著者のサイトでは、身近な自然で見られるフユシャク10種余りを生態写真で紹介しています。

昆虫エクスプローラ フユシャク図鑑
http://www.insects.jp/konbunfuyusyaku.htm

POINT

フユシャク観察の醍醐味は、何といっても翅の退化したメスに出会うことです。しかし、メスは見つけるのが難しいため、まず、オスを見つけることが観察の第一歩になります。フユシャクのオスは、一見、他の蛾とよく似ているので、その姿をしっかりチェックしておきましょう。

STEP 2

フユシャクが見つかりそうな公園を探す

  • Sp d197084d d328 488c a5b3 72503054b8cb
    自然公園のフェンス

樹木が豊かな自然公園なら、たいてい何種類かのフユシャクが生息していますが、フユシャクをうまく見つけるためには、なるべく、フユシャクの種類や数が多そうで、かつ、発見しやすい場所を選ぶことが大切です。

フユシャクの幼虫の多くは、コナラやクヌギの葉を食べて育ちます。また、サクラの葉を好む種類もいくつかいます。これらの樹木がたくさんはえた公園では、いろいろなフユシャクが見つかる可能性があります。

フユシャクは、フェンス(手すりや柵)の上で見つかることが多いので、遊歩道に沿ってフェンスが設置されている公園は観察に適しています。

フユシャクのオスは、夜のうちに明るい光に惹かれて飛んできて、太陽が昇ったあとも同じ場所に留まっています。電灯や自動販売機が多い公園を選ぶとオスが発見しやすくなります。

POINT

電灯が設置されていても、夜の早い時間に消灯する公園もあるので、一晩中、灯りがついているかどうかも要チェックです。また、LED化された電灯よりも、昔ながらの水銀灯などのほうがたくさんの虫を集めます。

STEP 3

フユシャクのオスを探す

  • Sp 57e81637 17e5 4f0f 9a31 f270bd439829
    チャバネフユエダシャクのオス
  • Sp 62646dd7 83e5 46ee bdfc 9ea5cceed5fb
    シロフフユエダシャクのオス
  • Sp c10edd0d d9a5 4772 a730 393d762b6ec7
    ウスバフユシャクのオス

さて、いよいよフユシャク探し本番です。
いきなり、お目当てのメスを探したいところですが、まずは、見つけやすいオスを探すことが、結局、メス発見の近道になります。

公園に着いたら、まず、電灯のまわりや自動販売機、トイレの壁などを見てまわりましょう。人工物にとまっている蛾は見つけやすいので、ここでいきなりオス発見、となる可能性も十分にあります。

フェンスが設置された遊歩道をゆっくり歩いてみましょう。フユシャクには、日中に活動する昼行性のものと、日が暮れてから活動する夜行性のものがいますが、天気のいい日であれば、昼行性の種類のオスが活発に飛び回るのを観察できます。夜行性の種類も、人の気配に驚いて木の幹から飛び立ったり、フェンスにひっそりとまっていたりするのを見つけることができます。

POINT

観察には、少しでも気温が高く、風の弱い日を選びましょう。フユシャクたちの動きが活発になるので、発見の可能性が高まります。また、寒さが和らいだ日のほうが私たちの身体への負担も軽くなります。

MATOME
まとめ

フユシャクが、わざわざ寒い季節を選んで現れる理由としては、冬場は他の昆虫やトカゲ、カエルなどの天敵が少ないことが考えられます。また、メスの翅が退化している理由としては、体温を奪う原因となる翅を短くして耐寒性を高めていることや、翅にかけるコストを少なくして、その栄養分を腹部に割り当て、よりたくさんの卵を産めるようにしていることなどが考えられます。

風も弱く穏やかな日に真冬の公園を歩いていると、意外に寒さは感じられず、敵が少ないこの季節を選んだフユシャクたちの気持ちがなんとなくわかるような気がしてきます。身近な自然で繰り広げられている小さな虫たちの不思議な世界を、ぜひ、体験してみてください。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
2感性
アクティビティ
探す
環境
公園
季節
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校中学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(23人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ