WHAT'S NEW

最新の How To

2019.06.20 UPDATE
  • 誰もが一度は憧れる冒険。憧れはあっても、いざ冒険にでかけようとするとはじめ方が分からない、スキルが足りないなど、冒険にでかけるのはなかなかハードルが高いものです。 このHow toでは、冒険家が行うような大冒険から一部のエッセンスを抽出し、私たちでも取り組むことができるスケールのアクティビティとして、チャレンジする方法を紹介します。 冒険で大切なのは、ワクワクして主体的であることではないでしょうか?自ら進んで行う主体的な活動には、誰かの足跡をなぞったり、誰かに連れて行ってもらったりすることでは味わえない楽しさがあります。私自身は冒険家からは程遠い存在ですが、自分で考えた小さな冒険にでかけ、そこに訪れる新しい出会いや達成感を楽しんでいます。 世界を広げる自分だけの冒険を作りだしてでかけてみる、ということに挑戦してみましょう!

  • 新井文彦

    1736 views

    きのこを植物の仲間だと思っている人がいるかもしれませんが、きのこは、カビや酵母と同じ菌類。植物よりも動物に近い生きものです。ですから、光合成をすることができないので、生きていくためには何かを食べなければなりません。 きのこは、枯木や枯葉などから生える「腐生菌(ふせいきん)」、生きている植物や動物や菌類から生える「寄生菌(きせいきん)」、植物と一緒につくった、菌根という器官を通じてお互いに栄養のやりとりをする「共生菌(菌根菌=きんこんきん)」と、大きく3つに分けることができます。つまり、きのこが生えている場所は、そのきのこが好きな「食べ物」があるところなのです。 今回は、たくさんの種類があるきのこの中でも、生きている虫などにとりついてその虫を栄養にし、結果的には殺してしまう「冬虫夏草」という、ちょっぴり不思議なきのこに注目します。一緒に楽しみましょう。

  • 渡邉智之

    503 views

    野生動物と聞くと、人の生活からは遠い場所で暮らすイメージがあるかもしれませんが、日本では身近な場所でも多くの野生動物が暮らしています。その代表的な存在が「ホンドギツネ」です。普段私たちが生活しているだけでは、このかわいい隣人に気付くことはありません。ですが、彼らの目になって自分たちの暮らす街の中をよく見てみれば、実は彼らの存在の証拠がいたる所で見つかるのです。 そんな、ホンドギツネを中心とした身近な野生動物を観察するために、彼らの知られざる生態と五感をフルに使って観察するコツを紹介します。

MONTHLY VIEW RANKING

月間ビュー数ランキング!

EVERYONE'S REPORTS

みんなのやった!レポ

999,023
TOTAL VIEWS ON THE OUR SITE
“自然はそれを愛するものの心を裏切ることは決してない。”
ウィリアム・ワーズワース/サミュエル・テイラー・コールリッジ
抒情歌謡集―リリカル・バラッズ / 宮下忠二 訳 / 大修館書店
THIS TREE SHOWS THE GROWN-UP LEVEL OF YOUR WILD MIND.
この木は現在のあなたの「ワイルドマインド」成長段階を表しています。
GROW YOUR WILD MIND!