7bc63535 346d 4217 8b89 eb337efa2e29
2017.06.202979 views

ビーチコーミングで宝探!自由にオリジナルコレクションを作ろう

11

大重美幸

テクニカルライター
浜辺の漂着物を自分基準の「素敵ものさし」で拾って歩こう!

海岸にはさまざまな漂着物が届きます。ビーチコーミングは、そんな漂着物を拾い集める楽しみです。浜辺で拾うと言えば「貝拾い!」ですけど、貝拾いはビーチコーミングの一部に過ぎません。少し気を付けて浜を歩くと、本当にビックリするほどいろいろな物が打ち上がっています。そしてその中に「あっ!これキレイ!」「かっこいい!」「可愛い?」「なんだこりゃ?」と思える物が見つかるのです。

ぼくは歩いて3分で海岸に出ることができるところに住んでいるので、日常的にちょっと海岸を散歩してビーチコーミングを楽しんでいます。部屋に戻ると海から持ち帰った物が本当にたくさん保管されています。貝殻類の多くはぼくの奥さんが集めた物ですが、ぼくは石ころ、流木、おもちゃ、陶器片、漁具などのゴミ(笑)担当です。

そんなビーチコーミングの達人!であるぼくが、いったい何を拾えばいいんだろう?探し方や拾い方のコツ。持って帰ってどうしよう。何か気を付けることはない?といった疑問に応えましょう。我が家のコレクションもちょっと見てくださいね。みなさんの感性が試されます!

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 拾った物を入れる容器(固形ガムの容器など)

  • 水切りザル(直径15cm程度)

  • 分類・保管するための透明ケース

  • ビーチサンダル

  • 帽子(アゴヒモがあるとよい)

STEP 1

どんなものが拾えるの?自然物編

  • Sp 877c469e cf6d 4831 9db2 69483613594a
    貝やサンゴのコレクション
  • Sp 809e2d57 aac7 41a1 a2f6 5a1e995a1a59
    白く丸いのはウニのハスノハカシパン
  • Sp f44e67bd 8e02 4cce 9dce 9bda5f67c864
    かっこいい流木
  • Sp aab7b739 5923 403e bd96 f78e35bae252
    角の丸くなった石、軽石
  • Sp 53eb12a6 69de 4dd6 9033 756944020424
    リスやネズミがかじった木の実や種など

はじめに、ビーチコーミングでいったい何が拾えるのか、いくつか紹介していきます。浜辺には、いろいろなものが打ち上がりますが、大きく分けて「自然物」と「人工物」の2種類があります。ここでは、代表的な自然物を紹介します。

もっともポピュラーで人気の高いものが、きれいな貝殻やサンゴなどではないでしょうか。色や形、サイズもそうですが、その種類も本当にたくさんあります。同じ種類の貝でも小さい物から大きいもまで集めると、成長の過程がわかったりと面白いものです。

その他には、かっこいい流木や、角の丸くなった石や軽石、リスやネズミがかじった跡のある木の実や種などがあります。どこから、どのように流れてきたか、想像するだけでも楽しくなります。

STEP 2

どんなものが拾えるの?人工物編

  • Sp 5f779794 49a6 4523 924a 13e9d25783d0
    角と表面が砂で磨かれたシーグラス
  • Sp cecd0ec5 66c4 4a1a 9a82 c362ebbe8325
    角が丸くなった陶器の破片
  • Sp 62e36e21 c6c5 48c4 b30d b4aef0bdec81
    スーパーボールや中国から漂着した漁具など
  • Sp 56a7fba1 c2e6 4202 86b6 4b35b1bf199a
    日焼けや砂に揉まれて味わいが出たルアー

続いて、人工物をいくつか紹介しましょう。人工物で人気のあるものとしては、ガラスの破片が砂で摩耗して角が取れて、表面が磨りガラスのようになった、神秘的でキレイなシーグラスがあります。

その他、角が丸くなった陶器の破片や、スーパーボール、おもちゃ、人形、ビンなど。なかには、外国語の文字が書いてある漁具やペットボトルも見つかります。漂流物を見ていると、ちょっとした世の中のトレンドが見えてきたりして面白いものです。

STEP 3

出かける準備をする

  • Sp 4d4506f9 d7a8 40f9 b39e 4522ed1d52d3
    水切りザルと固形ガムの容器
  • Sp 66203ccc a9bb 4aeb a48f 897bfa3d820d
    ビーチサンダルとアゴヒモ のついた帽子

どんなものが拾えるかわかったところで、いよいよ実際にビーチコーミングに出かける準備をします。物を拾うのですから、拾った物を入れる容器が必要です。おすすめは、直径15cm程度の水切りザル、または固形ガムなどが入っていたポケットサイズのプラスチック容器など。ガムの容器がおすすめな理由は、ガムを捨てる用の紙が入っている部分と本体とで2層になっているから。なぜ2層になっていると良いか?その理由は後ほど…

欲張って大きなバケツなどは持って行かず、ポケットに入る手頃なサイズにしておきましょう。適度に小さな容器にしておくのも「ステキなもの」を集めるノウハウの1つです。

浜辺に出かける服装としては、裸足は避けて、足に怪我をしないように必ずビーチサンダルなどを履くようにしましょう。次に、日射し対策もありますが、海風で髪が顔にまとわりついて面倒くさいので、アゴヒモのついた帽子があると過ごしやすいです。また、海風に長く吹かれていると夏でも肌寒くなってきます。そんなときは、ウィンドブレーカーがあると安心です。浜辺に2時間ぐらい居ても快適に過ごせる服装を目安にしましょう。日焼け対策や熱中症対策も忘れずに!

MATOME
まとめ

ビーチコーミングは、浜辺での時間をちょっと豊かにする手軽な遊びです。1度っきりではなく、何度も浜辺に通うことでビーチコーミングの楽しみは膨らみます。夏の海にしか出かけないという人が多いですが、ビーチコーミングは1年を通して楽しめます。季節ごとに漂着物も変化していくので、その違いに気付いたら初心者卒業です。

何となく拾って帰った物でも、集めていくうちに「自分ってこういう物が好きなんだなぁ」と逆に気付かされるに違いありません。自分の価値観を広げ磨いてくれるビーチコーミングに、ぜひみなさんもチャレンジしてみてください。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
3知性
4感性
アクティビティ
探す
環境
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
30分~60分
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(8人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ