C23789ae 431a 403a b0e0 4ae521c33970
2017.07.11387 views

女子でも簡単!お気に入りの素材で ”ハナズミ(花炭)”を作ろう

6

GO!GO!女子部

外遊びナビゲーター
500年も前から好まれた、100%自然のオブジェの秘密に触れる

WILD MIND GO!GO! 編集部の女子が集まり、アドバイザー兼部長にブッシュクラフト インストラクターの藤井浩美さんをむかえ、おすすめの楽しい外遊びを紹介する「GO!GO!女子部」。

今回は、焚き火やカセットコンロなどの火があるところだと、簡単に作れてしまう、かっこいいインテリア「ハナズミ(花炭)」に挑戦します!

ハナズミとは、花、葉っぱ、木の実、野菜や果物など、植物の形をそのままに、真っ黒に炭化させて作る炭のこと。「飾り炭」とも呼ばれ、500年も前から「茶の湯」の世界で珍重されてきたとか。その昔、はじめてハナズミを見た人も、この100%自然のオブジェに感動したんでしょうね!また、鑑賞用としてだけではなく、除湿、脱臭や水の浄化にも効果がある万能アイテム。

植物には、水や養分をすみずみに行き渡らせるための管があり、炭化させるとその水や養分だけが抜けて、無数の孔(あな)が残り、この孔が臭い匂いを捕まえてくれるので、脱臭できるそうです。

ブッシュクラフトでも、水の浄化に炭を使うこともあり、野外で作ったハナズミは、いざという時には、そのまま活用できるとか。そんな、見て楽しい、使って便利なハナズミを作ってみましょう。

ブッシュクラフトについて知りたい方は、川口拓さんの【連載】ブッシュクラフト入門 もおすすめ! https://gogo.wildmind.jp/users/731/profile

READY
準備するもの
  • 蓋のできる空き缶(アルミ缶不可)

  • 釘、または穴あけキリ(千枚通し)

  • 耐熱グローブ(なければ耐熱性の軍手)

STEP 1

ハナズミにする素材を集める

  • Sp 2b02fe89 ee37 40ff 97b9 13c3d1b99fc9
    ハナズミにするため集めた素材
  • Sp 51ae6320 d13b 492c ab9a 2c63a621381a
    ちょっと堅めの葉を収集
  • Sp a8313fd0 3a9f 411f 88fa c38254c259c5
    形のきれいな松ぼっくりを収集

はじめに、ハナズミにしたい素材を集めます。多少向き不向きはありますが、植物なら大抵はハナズミになります。なので、楽しむコツとしては、できるだけ自分が見つけて「カッコイイな」、「キレイだな」と思えるものを集めること!完成した時の感動が高くなります。

また、炭化した素材は、もろく壊れやすいので、花びらや葉っぱなどは、できるだけ堅めで肉厚のものを選ぶと扱いやすいくなります。

ハナズミになるまでの時間は、素材によって異なります。松ぼっくりや杉の葉など、水分が少ないものは短い時間ででき上がります。野菜や果物などの水分が多いものは、でき上がりまでに時間がかかります。そのため、同じ缶に入れるものは、できるだけ水分量が似ているものを選ぶと、失敗が少なくなります。

女子部では、松ぼっくり、杉の葉、堅めの葉っぱを集めました。また形が面白そうなので、カットしたレンコンと、さやから取り出したそら豆も追加!さて、どうなるか!?

STEP 2

缶を準備して、素材を並べる

  • Sp 85e5228a 140e 423e 9872 5a5f2408c4d2
    缶にキリで穴を開ける
  • Sp eb6d3479 9be1 4f55 88ac 438a1d25b1ef
    少しずつ間隔をあけて並べる
  • Sp 6a04d570 39a8 420f a407 ede42554cdb2
    キレイに並べられた

素材を並べる缶(蓋付き)を準備します。蓋がなければ、アルミホイルを数枚重ねて、ぴったりカバーして代用することもできます。アルミ缶は溶けてしまうので使えません。また、缶の周りに塗料などがついていると、火にかけた時に煙が出たり、変な匂いがするので、できるだけシンプルなものを選びましょう。

缶が準備できたら、蓋に釘やキリなどで穴を開けます。ここでは四隅とセンターに1つ、合計5つの穴を開けました。缶が高温になった時、この穴から膨張した空気や煙が出てきます。

次に、缶の本体に素材を並べていきます。少しずつ間隔をあけて、素材同士がぶつからないように並べます。素材の間に間隔がないと、炭化する過程や移動するときに、互いにぶつかり合って壊れてしまう可能性があります。壊れ易い素材は、個別にふわっとアルミホイルで包んでから缶に入れると、より安心です。

キレイに素材が並べられたら、先ほど穴を分けた蓋をして準備万端!

STEP 3

火にかける

  • Sp ab4f739f bb88 42a2 8f34 9bb30bf700a2
    火を起こす
  • Sp ffa839b9 1dc2 4632 b8ae 3d1c24a05629
    缶を炎の真上に置く
  • Sp b67b4808 8d78 4166 a66f d8cd01edc34a
    缶に炎が巻く程度が目安
  • Sp 84f23386 42a8 4924 9297 95b902bb4f12
    白い煙が出てきた

缶を火にかけていきます。ここでは、焚き火の火を使ってハナズミを作ります。代わりに、ガスコンロやカセットコンロでもできますが、煙が出るので、外で行うことをおすすめします。

焚き火については、前回の女子部で「女子でも簡単!ファイヤースターターで火おこし」を紹介しているので、こちらをご覧ください。https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/123

ここでは、焚き火の準備ができたところからの紹介です。先ほど素材を並べた缶を、そっと火にかけます。缶は、炎の真上に置き、缶に炎が巻く程度が火加減の目安!火傷をしないように、必ず耐熱グローブか、耐熱性の軍手を使いましょう。

火にかけてからしばらくすると、蓋に開けた穴から白い煙りが出てきます。これは、炭化に向かって素材が反応している合図!焚き火の灯りや、炎の揺らぎを楽みながら、できあがりをゆったり待ちましょう。

STEP1では、素材の水分量によって出来上がりの時間が異なると伝えました。缶のサイズや火力にもよりますが、水分量の少ないもので大体30分ほど、水分量の多いもので大体50分ほどを目安として炊き続けます。

MATOME
まとめ

大抵の植物であれば、火にかけ炭化させるだけでできるハナズミ!はじめは、あまり深いことを考えずに、自分の好きな素材で作ってみるのがおすすめです。一度作ってみると、「もっとこうしたい」、「次はこんな植物で作りたい」と、どんどん「こうしたい!」が湧いてきます。

また、ハナズミをじっくり観察することで、自然の繊細な造形美に気がついたり、植物をオブジェとして捉えたりと、新しい見方を得られるかもしれません。

女子部では、出来上がったハナズミを、飾って楽しみましたが、家の中に飾ると、観賞用だけではなく、除湿や脱臭の効果もある万能インテリアになります。ブッシュクラフトでは、野外での水の浄化に炭を活用することも!皆さんも、そんな、見て楽しい、使って便利なハナズミを作ってみてください。

※小学生以下のお子さんは、必ず大人と一緒に行いましょう。
※焚き火を行う際は、必ずバケツやボトル等に水を入れ、防災用に常備しましょう。
※キャンプ場などの管理された施設では、焚き火、薪拾い、植物などの素材を採取する行為にルールが設けられていることがあります。必ず、利用する施設のルールに従って、行うようにしましょう。

撮影協力:山梨県都留市 宝の山ふれあいの里・ネイチャーセンター http://goo.gl/nGtpsq
参考資料:https://pub.nikkan.co.jp/uploads/book/pdf_file5326a18384c1f.pdf

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
3知性
4感性
アクティビティ
つくる
環境
山 ・ 川 ・ 森 ・ 街 ・ 田畑
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(2人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ