Dd5cab27 c1cc 40cc aff4 47ac6dfaaeb2
2016.08.12373 views

ペットボトル温水器で足湯をしよう

3

増田直広

公益財団法人キープ協会 環境教育事業部 事業部長

皆さんの中には、太陽の力で電気やお湯をつくっている家に住んでいる人がいるのではないでしょうか?このワークでは、身近なエネルギーである太陽の力を、ペットボトルの温水器でお湯をつくるという体験を通して体感します。太陽で温めたお湯を使っての足湯は最高です!日々、我々を照らしてくれる太陽に感謝しながら、エネルギーを感じでください。

READY
準備するもの
  • ペットボトル(2リットル程度のもの)

    容器に合わせて

  • ペットボトルの本数分

  • 新聞紙

    4~5枚

  • 黒いスプレー

    1本

  • 透明のビニール袋

    ペットボトルの本数分

  • 子ども用プールもしくはたらい

    1つ

STEP 1

ペットボトル温水器をつくる

  • Sp 22221ca8 b897 48de a4f4 1dc548b98185
    ペットボトルをスプレーで塗りつぶす

新聞紙を広げて、その上にペットボトルを置きます。次に、ペットボトルの表面を黒いスプレーで塗ります。できるだけ、全体が黒くなるように塗りつぶしましょう。この時、自分にスプレーがかからないように注意してください。においや汚れが気になる人は、マスクや軍手を使いましょう。

全体を黒く塗りつぶせたら、そのまま乾燥させます。スプレーが乾いたら、ペットボトル温水器の完成です。

STEP 2

ペットボトル温水器を設置する

  • Sp 57fd3fe6 4b92 4bb6 98cd 7e2d5bf6d46b
    太陽の下に設置したペットボトル温水器

ペットボトルに水を入れてふたをします。さらにペットボトルを、透明のビニール袋で包みます。これは、黒い色で吸収した太陽の熱を逃がさないようにするためです。

次に、日が当たる場所にペットボトル温水器を設置し、中に入れた水が温まるのを待ちます。時々、ペットボトルを触ってみて、温度の変化を確認しましょう。

POINT

ペットボトルの一番広い面が、太陽に向くように設置しましょう。

STEP 3

足湯をする

  • Sp 8e2d7576 8455 4879 b02e 56a1f425041c
    温まったお湯で足湯につかる

お湯が温まったら、子ども用のプールや、たらいに入れて足湯をします。湯加減は、好みに合わせて調節してください。天気が良い日には、かなり熱くなるので、火傷には注意しましょう。イスやベンチがあると、よりくつろげます。

MATOME
まとめ

このワークは、足湯に入っている時も楽しいですが、水が温まるのを待つ時間もワクワクします。時々、ペットボトルを触ってみて、少しずつお湯が温まる様子を感じでください。晴れの日に行うことがお勧めですが、少し雲がある時にやってみて比較するのも良いでしょう。冬は、温まるのに時間はかかりますが、暖かい足湯につかると、太陽のありがたさをより実感することができます。普段目には見えないエネルギーですが、このワークを通して、お日様の力を実際に体感してみてください。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
4知性
2感性
アクティビティ
感じる
環境
街 ・ 海 ・ 公園 ・ その他
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(9人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ