2e9067fc 211e 4f35 a2c7 fe7dbdc50f55
2018.02.15139 views

冬の天体観測 夜空を見上げて冬のダイヤモンドをめぐろう

6

永田美絵

コスモプラネタリウム渋谷チーフ解説員
星空を見上げて果てしない宇宙の広がりを感じてみよう

一年のうちで、明るい星がもっとも多い冬の星空。寒いからと家に閉じこもらず、ぜひ夜空を見上げてみましょう。都会の夜空でも案外たくさんの星を見つけることができます。
冬の星をめぐるには「冬のダイヤモンド」を探すのが一番!冬のダイヤモンドとは、冬の夜空に輝く明るい星を結んだ6角形のことです。まるで大きなダイヤモンドが輝くようだということで、冬のダイヤモンドと呼ばれています。
冬のダイヤモンド探しに必要なのは、温かい服装と心のゆとり。これでもか!というくらい温かい服装で、午後8時くらいに南の夜空を見上げてみましょう。おうちの窓やベランダが南向きでしたら、まずは部屋の電気を消して目を慣らしてください。最低10分間は星を見て、明るさや色、星の並びをじっくりと観察します。星は一つ一つみんな違います。冬のダイヤモンド付近の星は、そんな星の違いを見るのにも適しています。
さあ、それではそろそろ冬のダイヤモンド探しの旅に出かけることにしましょう!

「外に出て宇宙を見上げよう!」
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/139

READY
準備するもの
  • 星座早見盤

  • 方位磁石

  • シート

  • 防寒具

  • 夜食(あると楽しい!)

STEP 1

まずは冬の代表選手オリオン座!

  • Sp 317c903e e371 4938 b236 0955379094e7

夜8時ころ、南の夜空を見ると、どこかで1度は見たことがある星の並びがあります。長四角の中に三つの星が行儀よく並ぶ星。そう、有名なオリオン座です。三つの星は「みつぼし」というとてもシンプルな名前で呼ばれています。
オリオンというのはギリシャ神話に登場する狩人で、左手にはライオンの毛皮、右手のこん棒は振り上げて勇ましい姿をしています。長四角の星の並び、右下の青白い星がリゲル。オリオンの左足に輝く星です。長四角の左上の星がベテルギウス。少し赤みをおびた星です。

狩人オリオンの神話はいろいろ残っていますが、月の女神アルテミスとの物語を。オリオンは月の女神アルテミスと恋人同士。2人仲良く過ごしていましたが、アルテミスの兄アポロンは少し乱暴者のオリオンを快く思っていませんでした。ある夜、海に入っていたオリオンを見つけたアポロンは、アルテミスにこう言ったのです。「おまえはいつも弓の腕を自慢しているが、あそこにいる大きな熊を矢で仕留めることなどできないだろう。」
これを聞いたアルテミスはオリオンをうっかり射抜いてしまったのです。嘆き悲しむアルテミス。かわいそうに、アルテミスは大切な恋人を自分の手で殺してしまったのです。
これを見ていた天の神様はアルテミスを哀れに思い、オリオンを天にあげて星座にしました。しかもアルテミスとオリオンが夜空で会えるよう、月の通り道にオリオン座をおいたのです。今でもオリオンとアルテミスは夜空でデートを楽しむことができると言い伝えられています。

STEP 2

みつぼしを結んで下へ…おおいぬ座とこいぬ座

  • Sp e57f707c 9fd2 4aa4 8c95 d021b32df2bf

つぎにオリオン座のみつぼしを結んで下に伸ばしてください。とびきり明るい星が見つかります。おおいぬ座のシリウスです!多少の街灯があっても大丈夫。なぜなら、シリウスは星座の星の中で一番明るい星なのです。シリウスは「焼き焦がすもの」という意味がある星で、おおいぬ座の牙のあたりに輝いています。
おおいぬ座は頭が3つもあったという地獄の番犬ケルベロスの姿です。そういえばハリーポッターにも登場しましたね。かなり恐ろしい犬ですが、狩人オリオンのうしろに従順についてくるように見えます。
おおいぬ座のシリウスから目を上に向けると、こいぬ座のプロキオンという1等星が見つかります。オリオン座のベテルギウス、おおいぬ座のシリウス、こいぬ座のプロキオンと3つの星を結んだ三角が「冬の大三角」です。

STEP 3

みつぼしを結んで上へ…おうし座

  • Sp f04304cd 393e 4fcf 9e45 748aede96c12

オリオン座のみつぼしを結んで、今度は上に伸ばしてください。おうし座の1等星アルデバランにあたります。アルデバランは「あとの続くもの」という意味で、プレアデス星団(日本名で「すばる」)のあとに続くように見えます。プレアデス星団は肉眼でも楽しめますが、双眼鏡やオペラグラスなどがあればぜひ向けてみてください。とてもきれいですよ。

おうし座は天の神様ゼウスが化けた姿です。ゼウスはある時天の上からとてもかわいらしい女性を見つけました。彼女はエウロパ。一目で恋に落ちたゼウスは、真っ白な牡牛に姿を変え地上に降りていったのです。
エウロパは、いきなり目の前に現われた牡牛にとても驚きましたが、牡牛は優しそうな目をしています。そのうち牡牛は、「ぼくの背中にお乗りなさい」と言わんばかりにエウロパの前にしゃがみました。エウロパが牡牛の背中に乗ったとたん!いきなり牡牛が走りだしのです。海に出ても牡牛のスピードは止まりません。海を泳ぎ、牡牛はやがて島にたどりつきました。牡牛はそこで神様の姿に戻り、エウロパに求婚したのです。ふたりはその島で幸せに暮らしました。その島は今でもエウロパの名前をとってヨーロッパと呼ばれています。

MATOME
まとめ

冬のダイヤモンドは地球から見た星の並びです。まるで天井に張り付いた小さな点のように見える星ですが、実は一つ一つが、光の速さでも数十年、数百年かかる遠いところに輝く星なのです。私たちは遠く広がる広大な宇宙の中の地球から、今、星を見上げているのです。
毎日忙しく過ごしていると宇宙のことや地球のことを考える時間は、あまりないと思います。でもちょっと想像してみてください。私たちが暮らす地球は数千億以上の星の中にあって、宇宙は果てしなく広がっていることを。平凡な毎日と思っていても、実はこんなすごい世界に私たちは生きているのです。
星を見上げること。それは広い宇宙に想いをはせること。大きな大きな心を育てること。そんなことを考えながら、ぜひ冬のダイヤモンドを見つけてみてくださいね。

<コスモプラネタリウム渋谷 イベント情報>
「MILLEA 特別ライブ投影」
プラネタリウムの星空とともに、透明感あふれる「MILLEA」の歌声をお楽しみください。
3/3(土)、3/10(土)、3/17(土)、3/24(土)、3/31(土)各日19:00

「渋谷区桜丘町商店街 さくらまつり」
3/30(金)、3/31(土)

※詳しくはコスモプラネタリウム渋谷のホームページ、またはスタッフまでお尋ねください。
http://www.shibu-cul.jp/planetarium

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
4感性
アクティビティ
探す
環境
山 ・ 川 ・ 森 ・ 街 ・ 田畑 ・ 海 ・ 公園 ・ その他
季節
所要時間
~30分
対象年齢
小学校中学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
EVERYONE’S REPORTS
みんなのやった!レポ
やった!レポはありません。
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(3人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ