9f48de0e a1ea 4de6 8d20 529e63719fc7
2016.08.12172 views

川を渡ろう

3

山田俊行

トヨタ白川郷自然學校 學校長、NPO法人白川郷自然共生フォーラム常務理事

川を横断するときに、橋を使わずに川の中を歩いて渡ります。大地を分断する川は、人間の往来をさまたげる境界線でもありました。その理由は単純明快。物理的に、歩いて渡ることができないからです。この困難を乗り越え、川を渡り切ったとき、その達成感は格別です。時には、まるで自然を征服したように感じることがあるかもしれません。今回は、安全に渡れるところを選びながら、ちょっとした冒険体験をすることになります。ドキドキを乗り越える体験を繰り返すことで自信を育みます。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • マリンシューズ、またはかかとが固定できるサンダル

  • ライフジャケット

STEP 1

ライフジャケットを着用する

はじめに、命の砦となる、ライフジャケットを着用します。水深30センチでも溺れることがあるので、水の力を軽く見てはいけません。安全対策はしっかり行いましょう。

STEP 2

渡るポイントを決める

  • Sp 0a02fb1a 744f 44c3 a6e2 6606c100fd94
    ひざ下の水からチャレンジ

次に、川の渡るポイントを決めます。水深は自分の膝まで。一緒に渡る人がいる場合は、最も背が低い人に合わせます。川底がある程度見える場所で、うねりや水しぶきが少ない場所を選ぶのがポイントです。すぐ下流に、堰堤(えんてい)や大きな段差、滝がある場所は避けましょう。

STEP 3

川を渡る

  • Sp b833d7ad 84e6 4225 9a7a 39515a535369
    川を渡る

いよいよ川を渡ります。川底は、滑りやすかったり、石がゴロゴロしていたりで不安定です。歩幅は小さく取り、ゆっくり歩きながら、川を渡ります。反対岸に渡りきるまで、気を抜かないようにしましょう!

MATOME
まとめ

一度渡りきった小川は、もう「自分のもの」です!渡った後には、ふり返って眺めてみましょう。また、同じ小川でも、場所が変われば難易度も変わります。次のポイントを決め、攻めてみましょう。さらに、もっと幅の広い川に挑戦したくなることもあるでしょう。そのように、「自分の川」をどんどん増やしていってください。今回は、膝の高さまでとしましたが、川底と水流の正確な情報を持ち、水底を歩く技術を高めれば、体がすべて沈む深さでも渡ることができます。そこまでできるようになれば、楽しいでしょうね。もちろん、泳いで渡ることもありますが、それは別の技術です。一方で、川の水の力は軽く見てはいけません。油断するとあっという間に流されてしまいますし、場所によっては下に吸い込まれる水流に巻き込まれることもあります。そんな時、自分の命を守るのはライフジャケットです。必ず着用するようにしましょう。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性4
2知性
3感性
アクティビティ
その他
環境
季節
春 ・ 夏 ・ 秋
所要時間
~30分
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(6人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ