5969d086 bde2 4d43 adfb dedc933289e2
2019.08.08580 views

自然から色をもらう ー 身近な素材で草木染めに挑戦しよう!

7

GO!GO!編集部

GO!GO!編集部
色を通して、植物の不思議に触れよう

木々の葉っぱや花びら、野菜や果物の皮など、天然の素材を染料として布や糸を染めることを「草木染め」と言います。天然の植物で繊維を染める技術は、紀元前数千年以上も前から確立され、四季がある日本は、植物の種類がとても豊富で、染色の技術が発達したと言われています。
今回は、温度や時間を細かく調整したり、何度も重ねて染めたりする本格的な草木染めではなく、WILD MIND GO! GO! 編集部が、台所にある道具を使って、植物や野菜など身近な素材で、実験的な感覚で草木染めの基本に挑戦します。
果てして自然から、どんな色をもらえるでしょうか?

*火を使うので、子どもは必ず大人と一緒に作業しましょう。

「葉脈標本を作ってみよう!」
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/94

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 染料にする素材(野草、玉ねぎの皮、ビーツ)

  • 布(綿、麻、絹などの天然繊維)

  • ミョウバン(およそ大さじ1)

  • 剪定ばさみ

  • 包丁

  • まな板

  • はかり

  • ネット(水切りネットなどでOK)

  • 鍋(ステンレス製のもの)

  • 菜箸や割り箸

  • 厚手のゴム手袋

  • 計量スプーン

  • バットやボウル

STEP 1

染料にする天然の素材を準備しよう

  • Sp 7acdd6aa 301a 4b42 8ae5 4d00168e8612
    今回染料にする素材
  • Sp 6491d536 b68a 461b b4ed 75584a5b7cb5
    野草は許可を得て近所で集めました
  • Sp 5e1cad29 315c 47a2 9a5c 4e211e5264a1
    普段は捨ててしまう玉ねぎの皮
  • Sp 6a6c773c 347a 49b8 890f 8737dc872ce8
    ビーツはスーパーで購入
  • Sp 203a425f 21d0 49f2 9abd 3c68abb1c39e
    端切れを用意

まずはじめに、染料にする素材を準備します。花や葉っぱ、果物や野菜の皮など、自然のものであれば基本的には何でも染まると言われています。
今回、WILD MIND GO! GO! 編集部では、①一番身近な自然の「野草」→自然な緑色が出るかな?、②草木染めの中でも一番簡単できれいにできると評判の「玉ねぎの皮」→明るい黄色が出ることを期待、③いかにも色彩がはっきり出そうな野菜「ビーツ」→鮮やかなピンクを見てみたい、で挑戦します!

草木染めには、綿、麻、絹などの天然繊維が向いています。ポリエステルなどの化学繊維は染まりません。今回は、綿の端切れを用意しました。

POINT

草木染めでよく使われる素材です。
・植物:よもぎの葉、ドクダミの葉、桜の枝
・野菜:玉ねぎの皮、ナスの皮、ぶどうの皮、人参の葉、赤しそ、紫キャベツ
・そのほか:コーヒー豆、紅茶

STEP 2

素材を煮出して染液を作る

  • Sp 13ef4fa7 a608 4ec0 85d9 44f5e01ff3c5
    細かく刻みます
  • Sp 3e2dd563 ff1b 4f78 b5f9 60250602a5fa
    ネットに入れて口を縛る
  • Sp 5f402153 44c7 4ef5 b0b1 72d27f61dbb6
    ひたひたに浸かる程度の水でじっくり煮出す
  • Sp e9d7e639 d31d 4bf0 8760 60006fd8ea02
    こんな色になった!

それぞれの素材を煮出して染液を作ります。染める布と同量ていどの素材が必要です。今回は少量の端切れ10g程度でトライしてみます。

●野草:10g程度を準備して、剪定ばさみなどで葉っぱも枝も細かくします。
●玉ねぎの皮:玉ねぎおよそ2~3個分の皮を、できるだけ細かく刻みます。
●ビーツ:10g程度を準備して、包丁で皮ごと細かく刻みます。

色を出しやすくするために、素材はできるだけ細かく刻みましょう。細かく刻んだ素材をネットに入れて口をキュッと縛ります。鍋に、ネットに入れた素材と、ひたひたに浸かるくらいの水を入れて、弱火で水から煮出していきます。沸騰させずに30分ほど煮て、液が濃い色になったら火を止めます。割り箸などを使ってネットを鍋から取り出しましょう。

STEP 3

端切れをお湯で煮る

  • Sp f3a1bffa ac90 4c67 9de9 f52dacf4dc87
    端切れを煮る  

STEP2と同時並行で、別の鍋にお湯を沸かして端切れを10分ほど煮ます。繊維に汚れが付いているときれいに染まらないので、こうして汚れを取り除きます。厚手のゴム手袋をはめて絞っておきましょう。熱いので火傷に注意してください。

MATOME
まとめ

今回挑戦した草木染めは、基本の第一歩のようなものです。重ね染めをしたり、染める工程で模様をつけたり、染液を重ねて新たな色を出したりと、調べれば調べるほど様々な手法があります。

初体験の草木染めでしたが、青々としている葉っぱから意外にも濃い茶色の液が抽出されたり、ビーツは鮮やかなピンクの染液なのに、布にまったくその色が出なかったり、一方で、茶色がかった玉ねぎの皮から優しい自然な黄色が出たりと、その結果は予想とまったく違うものでした。しかし、その予想しなかった結果に、驚きがあり、楽しい発見があったのも、また事実です。
身近にあるさまざまな自然素材は、実はこんなにきれいな色を持っています。草木染めを通して、自然が起こす変化と不思議を体験してみませんか?

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
3知性
4感性
アクティビティ
つくる
環境
その他
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学生高学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(14人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ