13e6d04c 8414 43b8 8cb2 bf1f974b20ae
2017.02.231100 views

アウトドアホームカフェをしよう -OUTDOORMIND COMEHOME!-

8

長野修平

クラフト作家、焚き火&野外料理人
自然を想う時を過ごそう

キャンプやBBQなどのアウトドアは憧れるけれども「まだやったことがない」「やりたいけども、きっかけがつかめない」。あるいは「アウトドアは楽しんでいるけれど、家に帰ってきたらまた日常に追われ、あのワクワクから遠ざかった生活になってしまう」。そんな時に試してほしいのが、家でアウトドアを演出することです。アウトドアとは、自然を感じる野外で様々なことをして過ごすこと。テントを張って泊まったりご飯を作ったりのキャンプや、ティーセットとおやつをリュックに入れてハイキングや登山にでかけたりと、非日常な楽しみをすることです。そんなアウトドア的な時間や空間を切り取り、普段の家の暮らしの中に再現してみるのです。

まずは、自分がアウトドアを感じる道具を、家の中でも使ってみましょう。使う以外にも、時折目にする場所へ置いおくだけでもいいでしょう。週末にキャンプやハイキングをする人は、その思い出の品をアウトドア道具と一緒に並べるだけでもいいです。それだけでもアウトドアをした気分になれるというか、それ自体が小さなアウトドアなんです。アウトドアというちょっとワイルドで非日常の営み。そのワクワクを日々の暮らしに取り入れるのです。
今回は直ぐにでもできるアウトドアカフェからやってみましょう。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • アウトドアなポット

    1

  • (焚き火用ポット、ホーローポット、パーコレーターなど)

  • アウトドア用カップ

    人数分

  • (ホーローカップ、保温ステンレスカップ、木のマグカップなど)

  • キャンプ用の皿や器

    1~人数分

  • ランタンやランプ

  • テーブルクロスやラグやひざ掛け

  • キャンプテーブルやキャンプチェア

  • 近所の野草、アウトドアで拾った枝や石ころなど

  • 野草を活ける物(カップ、空き瓶、空き缶など)

STEP 1

アウトドアカフェの場所を選ぼう

  • Sp 4574d71e fcd0 488d ad50 3a919b37cb18
    セルフビルドした母屋玄関前のサンルーム
  • Sp 76f3a664 799d 444d ac29 8ca3aac85031
    リビング掃きだし窓と奥のウッドデッキ

家の中や庭など、その時にアウトドアカフェをしたい場所なら何処でもいいです。
おすすめは外を眺められる場所。窓の横や天窓の下、庭先やウッドデッキなどの野外でできれば最高でしょう。我が家は一昨年にセルフビルドしたサンルームが最近の定番です。時間帯は朝昼夕のいつでも、お茶したいときにしましょう。

STEP 2

アウトドアカフェセットを準備する

  • Sp 0c51c6bc 9473 4806 b0fe 1e76ad79d6af
    【写真1】割れにくいアウトドアカップ
  • Sp bd59ebf9 a919 47c8 b134 d9e1e53543ea
    【写真2】キャンプで使っているポット
  • Sp 0015d592 585b 4523 9f5a b54c9f9bc2b0
    【写真3】シングルキャンプ用ガスバーナー

カフェセットは、基本キャンプやピクニックなどで使うアウトドア用のものを準備します。アウトドア用のカップは、落としても割れにくい金属製や樹脂製、木製などのものが定番です。コーヒーや紅茶を淹れるポットも普段アウトドアで使用しているもので、直火で使った煤(すす)が残っていたりすると雰囲気抜群です。我が家のアウトドアコーヒーは、ポット一つで循環してコーヒーが落とせるパーコレーターです。ティーバッグ紅茶は、ソロキャンプ用のミニヤカンで湯を沸かします。半野外のサンルームなので、火もアウトドア用のバーナーを使いその場で沸かすと気分はキャンプそのものです。火傷や換気などには十分注意しましょう。

【写真1】右手前から次女専用の小さなホーローカップ。その後ろは直接火にも掛けられる最もアウトドアな金属製のシェラカップと真空2重構造の保温カップ。奥はいつの間にか集まったホーローカップ。その横は4色揃いの樹脂製のカップ。保温と装飾の布カバー付きカップは台湾でいただいた思い出の品。左手前は北欧伝統のアウトドアカップ“ククサ”。

【写真2】右はバーナーで使用しているパキスタンホーローのポット。奥は焚き火で使うことに特化したステンレスのポット。左がポット一つでコーヒーが淹れられるパーコレーター。手前はソロキャンプ用のチタン製ヤカンで瞬時にお湯が沸く。

【写真3】左は最もコンパクトになるタイプのバーナーで、燃料はアウドドア用ガス缶。ガス缶には台湾の友人から貰ったかわいいカバーを被せた。左はカセットガスの缶も使えるタイプのバーナー。

STEP 3

アウトドア気分な小道具を準備しよう

  • Sp 4f36277f bec9 4e19 a4f1 cff54d13da00
    【写真】キャンプで使うランタンやランプ

アウトドア気分をさらに高める小道具も重要です。ゆったりと時間を過ごすイメージで、テーブルに置いても違和感の無い道具を選びます。特にキャンプ用のランタンやランプなどは雰囲気があります。日暮れ時など、半野外等であれば換気や火傷に注意しながら灯すこともありますが、あくまで自らの責任で行いましょう。

【写真】左は灯油のハリケーンランプ。手前はキャンドルランタン。その後ろは妻自作のステンドグラスのキャンドルランタン。奥はアウトドア用ガス缶のランプ。左は数年前の私の誕生日に妻がプレゼントしてくれた年代物のキャンプ用ランタン。

MATOME
まとめ

アウトドア道具を使ったホームカフェには、幾つかの利点があります。ひとつは、災害などの時に役立つ道具を普段から使い慣れること。キャンプやアウトドアでは、他にもやりたいことや準備などが多く、ついつい慣れた父親がやってしまいがちなので、こういう機会にゆっくりと使い方を共有します。道具のメンテナンスの仕方や仕舞っておく場所も教えておけます。もう一つは、道具を前にすると、娘が生まれる前に夫婦で行ったキャンプの話や、父が一人で楽しんで来たワイルドなアウトドア体験談も自然と伝えられ、「今度はみんなで行こうよ」という流れに自然とつながっていきます。たとえそれがアウトドア未経験でも、道具を前にすると、キャンプってどんななんだろう、一回みんなで行ってみようってことにもなるのではないでしょうか。楽しみながらゆっくりしながら、いざという時にも役立ちつつ、アウドドアや自然にに思いを馳せる。そもそもこの暮らしそのものが、自然の一部なんじゃないかってことにもなるかも。そんなカフェタイムをぜひ一度、家族や仲間でやってみてほしいです。

GROW CHART
成長スコアチャート
野性2
3知性
3感性
アクティビティ
その他
環境
その他
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
30分~60分
対象年齢
4才以上(保護者同伴)
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(16人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ