46d58a64 7761 4de1 a1e4 82db541ad407
2017.09.287345 views

【連載】隠花植物入門#5 シダ植物の魅力を探ろう!

6

新井文彦

きのこ写真家
日本にも約700種!様々なシダ植物の多様性や、奥深さを知ろう

はるか昔、生物の分類は、動物と植物のふたつに大きく分けられ(現在の分類体系はとても複雑です!)、植物はさらに、花を咲かす高等な植物・顕花(けんか)植物と、花を咲かせない下等な植物・隠花(いんか)植物に二分されていました。隠花植物は、シダ植物,コケ植物,藻類,菌類などを含みます。

明治時代の日本を代表する知の巨人・南方熊楠(みなかたくまぐす)は、博物学、宗教学、民俗学など、広い分野での活躍が知られていますが、植物学、中でも粘菌をはじめとする隠花植物の研究が有名です。

ぼくはきのこや粘菌が大好きなのですが、コケ、シダ、地衣類などにも興味を持っています。そう、それらの生物を、ひと言で表す便利な言葉こそ、生物学的にはほぼ死語となった「隠花植物」なのです。下等だなんてとんでもない。他の生物と同様に、地球生命が誕生して以来、進化に進化を重ねた最新鋭最先端の生物です。

この連載では、毎月第4木曜日 全5回にわたり、いわゆる隠花植物の中から、コケ、シダ、きのこ、地衣類、粘菌をご紹介します。花が咲かないから地味だ、などと思っていたら大間違い。その美しいこと、愛らしいこと……。じっくり観察したら、隠花植物のとりこになること間違いなしです。

【連載】隠花植物入門
#1 めくるめくコケワールドを覗いてみよう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/113
#2 不思議生物 地衣類ウオッチングに行こう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/121
#3 粘菌生活をはじめよう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/130
#4 きのこをとことん楽しもう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/137
#5 シダ植物の魅力を探ろう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/142

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • ルーペ(できれば10倍程度)

  • あるいは、虫めがね

  • カメラ

  • 手袋

STEP 1

シダ植物のキホンを知ろう!

  • Sp d9d4fb13 f483 43b9 b0d5 e47bf6953260
    初夏、草花とともにシダも伸びる
  • Sp d30b3e48 2733 4575 adec 46d1a6d68a72
    湿った日陰の渓流沿いにはシダがたくさん
  • Sp bdb5ef41 5cfe 43dd 8c59 755de626bfa1
    湿地や水際に発生するトクサもシダの仲間
  • Sp 1f9c315d 5337 4d73 a292 decfbf44b200
    深い森の底はシダやコケの楽園
  • Sp fb655bbb 9b9f 449b b7ad 1b027dead7e8
    ブナの森の遊歩道を歩けばシダにあたる

シダ植物をごく簡単に説明すると、維管束(いかんそく=水やミネラルや光合成産物を体中に運ぶ通道組織)を持ち、胞子で増える陸上植物です。陸上植物は、コケ植物の苔類、蘚類、ツノゴケ類の順に現れ、維管束植物であるシダ植物は、ツノゴケ類と同一の起源から進化してきたと考えられています。

シダの胞子が発芽して成長すると、0.5~2cmほどの大きさで薄いハート形の「前葉体」になります。前葉体は雌雄の生殖器官を持っており、有性生殖を行うことで、わたしたちが普通に見るシダ植物(胞子体、または、造胞体と言います)の姿ができあがります。

シダ植物の体は、根、茎、葉に分かれていますが、初心者は、まず、葉に注目してみましょう。

STEP 2

「大きい葉」を持つシダを探そう!

  • Sp 1166398c 6bbb 4c4b a374 0051bc6ff601
    1枚の葉と全体が相似形(2回葉状複葉)
  • Sp eefc8c86 629c 4583 b3bd c08ceebeb762
    葉状複葉(左)、単葉(右)のシダ植物
  • Sp 89348ac9 a289 47ef b7fc 3f0c5e6ddda1
    沢沿いで大きな葉を広げるオシダ
  • Sp 5f353250 434e 4f23 974b 91474b9a0775
    羽状複葉が集まったクジャクシダ
  • Sp 1f4e5614 aa0f 43ee 96a2 0020af3fcfe6
    春の味覚として親しまれているワラビ

普通に見ることができる、大きい葉を持つシダ植物は、大葉類、あるいは大葉シダ類などと呼ばれています。柄の先に葉が1枚だけついた単葉、クルミやタラノキと同じような葉の付き方である羽状複葉(うじょうふくよう)、その羽状複葉がさらに複葉化した、2回葉状複葉、3回葉状複葉など、多様なタイプが見られます(写真参照)。

大葉シダ類の葉は、一見、単純な形のようで、よく観察すると、実は複雑で精緻。葉の一部分と葉全体が相似形であることに気づく人も多いかと。幾何学的な形状な葉から思い浮かぶのは、数学的事柄でしょうか?それともアート?

シダ植物は、日陰で湿度が高い場所、例えば、沢沿いの林などへ行けば、狭い範囲で10種類くらい見つかることも珍しくありません(ワラビやコシダなど明るく乾燥した場所を好む種類もあります)。ぜひ、じっくり探してみましょう。基本的に、冬期はあまり見ることができません。

STEP 3

いろいろな形の葉を持つシダを探そう!

  • Sp cdaa56d6 ee9d 4150 8c99 e2aa269ee00e
    ツクシ(スギナの胞子茎)もシダの仲間
  • Sp 47f77942 bc5b 40c6 ab8e 8d7057f6763d
    小さなコケシノブはコケそっくり
  • Sp 23148323 9e9e 4941 b27a eeec75330ae7
    名はウチワゴケですがシダの仲間です
  • Sp edd49520 ba5c 4f4a a468 147abcf0dfbe
    フユノハナワラビは冬に芽を出すシダ
  • Sp 7435393d 7209 45a8 9cc2 445de40f7de1
    トクサは柄にも葉緑素を持っている

普通に見られる、いかにもシダらしい葉を持つシダの他に、野山でよく目にするスギナやトクサなどもシダの仲間。また、形や大きさがコケによく似たシダもあります。

シダ植物は、昔から、大葉類のシダ植物門、小葉類のヒカゲノカズラ植物門と大きく分類されてきましたが、最新の遺伝子解析でも、大枠では同じような結果が出ているようです。旧来独立門とされていた、トクサ類とマツバラン類は、最近の分類によると、シダ植物門に含められるように変わってきています。

初心者がぱっと見ただけでは、シダだと判断することが難しい場合が多いですが、変わった形のシダも、身の回りにけっこうたくさんあります。近所にある大きな公園、田畑、雑木林などへ出かけて、探してみてください。

STEP 4

「小さい葉」を持つシダを探そう!

  • Sp 02fc4259 453a 489b 8b53 fd44b13c02a2
    北海道でよく見られるエゾヒカゲノカズラ
  • Sp 0f49a14c a8ef 4e47 aed7 b73443f5a0ba
    アスナロの葉に似ているアスヒカズラ
  • Sp 1d30e060 79dd 44d8 8d43 9293ee047a60
    スギに似た葉が地面から伸びるマンネンスギ
  • Sp 7bc63777 d962 46d0 b56e cda3afc009e9
    森の底を這うように伸びるスギカズラ
  • Sp 137cd77d 8387 42ca a3b4 c333d75e9b73
    山地の日陰に生えるフサフサのヒメスギラン

前述したように、茎に小さな葉がたくさん付いている、ヒカゲノカズラ科、イワヒバ科のシダ植物は、胞子で増えることなどからシダ植物だとされ、大葉シダ類とは起源を異にする、小葉シダ類と言われています(高さ30m以上の大木だった化石植物のリンボクはこの類に含まれます)。

ヒカゲノカズラ科では、胞子嚢(ほうしのう)が穂の形にまとまるもの(ヒカゲノカズラなど)、胞子嚢が茎上部の葉の基部に付くもの(トウゲシバなど)、2つのタイプが見られます。

ぼくがよく出かける、北海道や東北地方の森の林床では、これら小葉シダ類をたくさん見ることができます。北国の森を訪れたときは、ぜひ探してみてください。シダ植物の多様性や、奥深さがきっと実感できるはずです。

STEP 5

シダの細部を観察してみよう!

  • Sp 8a5973bd 1eaf 432a a815 ea16f982dc6f
    発生したばかりのシダは愛らしい
  • Sp 3140963f c4d4 443c 9821 9e0e60ba0846
    春の訪れとともにシダも目を覚ます
  • Sp 2b98e85f fc52 4942 acd2 ab991b8ce5e9
    胞子葉(茶)は早く出て早く枯れてしまう
  • Sp 7898003c 272d 4e5e 931c f885460d36a4
    葉の裏にソーラス(胞子嚢群)がびっしり
  • Sp 49d7d188 803f 47f3 ba3f 999cfd7f95b9
    胞子嚢は胞子が入った「袋」の集合体

シダ植物を同定するには、葉の形状だけではなく、葉の裏側などに付着するソーラス(胞子嚢群)の色や形状や配置、ソーラスを覆う包膜(ほうまく)の有無、柄につく鱗片(りんぺん)や毛の色や形などにも注目する必要があります。通常は地中にある根の形状も、ときには分類の決め手に。葉を観察することに慣れてきたら、細部をしっかり観察し、種の同定にもチャレンジしてみましょう。

シダ植物は、現在、世界で約1万種、日本に約700種ほどが知られています。シダ植物はよく雑種をつくることが知られており、初心者が種の分類に挑む時の大きな壁として立ちはだかりますが、負けずに頑張りましょう(笑)。食用のシダ類である、ワラビ、ゼンマイ、コゴミ(クサソテツ)など、身近なものからスタートするのがいいかもしれません。

ソーラスや包膜を観察するには、10倍程度のルーペがあると便利。胞子を観察するには顕微鏡が必須です。

STEP 6

『やった!レポ』に投稿しよう

シダを見つけたら、写真を撮影して、『やった!レポ』に投稿してみましょう。観察したときに感じたこと、生えていた場所などを、コメントしてみんなでシェアしましょう。

MATOME
まとめ

5ヶ月にわたって連載させていただいた「隠花植物入門」は、今回のシダで最終回です。お読みいただき、ありがとうございました。

一般的な人々にとっては、シダに限らず、きのこやコケや粘菌など、いわゆる隠花植物は、花が咲く「普通」の植物に比べて文字通り陰的な存在です。しかし、そんなあまり目立たない生きものの存在を知り、観察してみることで、今まで気づかなかった自然の素晴らしさを発見したり、あるいは、今まで興味がなかったものに魅力を感じるようになったりしたら、すごくステキだと思いませんか。

私たちの身の回りには、まだまだ知らないことがたくさんあり、そして、その知らないことに、たくさんの魅力が潜んでいることを、隠花植物たちが教えてくれているような気がしてなりません。

皆さんも、ぜひ、好奇心の翼を広げ、いろいろな隠花植物を、いろいろな角度から観察してみてください。隠花植物を観察することは、自然がつくりだした芸術を鑑賞することであり、自然界の謎に挑む科学であり、自分の内面を探る哲学でもあると思います。

もっときのこを知りたい人のために
オススメ参考文献
『シダハンドブック』北川淑子/著、林将之/スキャン写真 文一総合出版
https://goo.gl/evCMnp
『フィールド版写真でわかるシダ図鑑』池畑怜伸/著 トンボ出版
https://goo.gl/bsgJvG
『北海道のシダ図鑑』梅沢俊/著 北海道大学出版会
https://goo.gl/TAKwHv

GROW CHART
成長スコアチャート
野性3
4知性
3感性
アクティビティ
探す
環境
山 ・ 森 ・ 田畑 ・ 公園
季節
春 ・ 夏 ・ 秋
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校低学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(20人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ