2017.02.0727024 views

【動画付き・連載】ブッシュクラフト入門#2 タープと2種類のロープワークでつくるシェルター

9

川口拓

WILD AND NATIVE 代表
自然のなかで身を守る、シェルターを作ってみよう!

ブッシュクラフトでは、テントよりも、タープを使ったシェルター(宿)を設けるのが一般的です。テントのように全方向を壁に囲われていない分、特に冬季などは寒いのでは?という印象がありますが、傍で焚き火をして、その熱を上手に活用できれば、驚くほど温かい空間が出来上がります。
サバイバルする、命を守るために、最も重要な要素と言われる「体温の保持」。風に当たらない、雨に濡れない空間を設けるという事は、体温を保持するための必須条件とも言えるでしょう。
今回ご紹介する方法は、必要な道具もホームセンターなどで安価に手に入り、近所の公園でも練習が出来て、必用なロープワークもたった2種類という、「身近さ」を重視してみました。
休日、例えば親子で近くの公園へ出掛けて、自分達の「秘密基地」を作る!そんなワクワク感を味わって頂きたいです。

【連載】ブッシュクラフト入門
#1 ペグ作りで覚えるナイフの使い方
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/86
#2 タープと2種類のロープワークでつくるシェルター
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/87
#3 フォックスウォークで地球と歩こう
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/90
#4 トラッキングベーシック
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/96
#5 ナイフ一本で挑戦!快適な焚き火ベンチをつくろう
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/103
#6 マルチに使える薬草ミストを仕込もう!
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/117

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
READY
準備するもの
  • 2.7m×27mのタープ(ブルーシート)

  • ロープ(太さ3mmの綿ロープ、金剛打と呼ばれるものがお勧め)

    4mほど

  • ペグ(ナイフの使い方で作ったものをぜひ使いましょう)

    4本

  • 座高+50cm、直径6~7cmの真っ直ぐで丈夫な柱棒又は角材

STEP 1

ロケーションを選ぶ

  • このような枯れ枝も要注意

実はこのステップが最も重要です。良いロケーションを見つけられれば、もうシェルターは50%完成したようなものだとも言われるくらいです。

その季節ごとに欲しい要素は変わってきますが、冬季であれば、日当たりがよく、乾いた、風の当たらない、平らな場所を選びましょう。また落下物や危険な動物の痕跡のある場所、雨が降ったら水溜りになりそうな場所も避けるようにします。

「落下物」は落石だけでなく、画像のような枯れ枝も要注意です。高さ数メートルの小さな枯れ枝でも、自分に落ちて来ると、落ちる時の落差で、物凄い衝撃となり、大けがに繋がります。

STEP 2

シートを広げる

  • シェルター作りのための道具
  • 端から3つ目のハトメを目印に内側に折込む

シェルターを張る場所を決めたら、早速シートを広げてみましょう。

今回はシートの約3分の1を内側に折り込んで、グラウンドシートとして利用します。一片に4つのハトメがついているので、3分の1の長さを折りこむ際に参考にしましょう。

STEP 3

床と壁の境界部分のペグ止めをする

  • 風を遮る向きにシートを設置する
  • ペグは45度くらいで打つ

内側に折り込んだ、シート全体の3分の1の部分が、今回は床となります。残りの部分は、屋根であり、同時に壁となる部分です。その境目となる部分にあるハトメ2箇所にペグ打ちをします。

ペグを打ち込む前に、きちんと風を遮る向きになっているかを確かめましょう。

POINT

ペグの角度は諸説ありますが、今回は力のかかる方向に対して45度くらいを目安に打ちます。

ペグは深く差し込み、地上露出部分はフックのみという状態が望ましいです。

折り込んであるシートを突き刺さないように注意しましょう。

両ペグ間は、シートがピンと張るようにします。

あくまでも風が遮られているロケーションを選ぶ事が重要ですが、やんわりとした風にも敏感になりましょう。弱い風でもずっと当たっているとじわじわと身体を冷やしていきます。

STEP 4

柱棒とシートを結ぶ

  • ダブルハーフヒッチで結ぶ
  • 結んだらハトメを柱までずらす

次にロープと柱棒を用意します。

フリーになっているコーナーのハトメのどちらかにロープを通してから、柱棒の自分の座高プラス30センチくらいの高さのところに、ダブルハーフヒッチと呼ばれる結び方でしっかりと固定します。ハーフヒッチと呼ばれる結び方を2度繰り返すのでダブルハーフヒッチと呼ばれます。今回は、結び目が固く締まってもすぐに解けるよう、「引き解け」にしておきます。

POINT

柱に結んだダブルハーフヒッチには、斜め下へのテンションがかかるので、巻き付けた部分が下にズレ落ちないよう、しっかりと締めておくこと。

しっかりと締めたら、ハトメを柱の傍までスライドさせてずらします。

STEP 5

柱を立ててみてペグの位置を決める

  • AとBがピンと張る位置にポールを立てる

対角線AとBの辺がピンと張る位置にポールを立てます。

A、Bのテンションを保ったまま、ロープを引けば柱が倒れることはありません。引っ張ったロープの延長線上、なお且つ柱から適度に離れた位置に、3本目の固定ペグを打ちます。ここで使うペグは、前レッスンで作った自作のものを使っても面白いです。

POINT

ロープの角度が地面に対して45度くらいの場所が無難でしょう。

地面が柔らかいときにはそのままペグを刺してしまい、すぐに固定できますが、地面が固い場合には、ペグの位置を決めたら一度ロープを離し、柱を倒して、ハンマーで打ち込みます。

STEP 6

自在結びで固定する その1

  • 任意の場所にロープを引っ掛ける
  • 距離を離してハーフヒッチを2回行う 
  • 2個目のループの内側に1回巻きつける
  • ループの外側にもう1つハーフヒッチを作る
  • きれいに整えて出来あがり

ペグを打ったら、もう一度柱を立て、対角線AとBの辺のテンションをかけたまま、ロープをペグに固定します。

ここでは「自在結び」というロープワークを使いましょう。自在金具などが無くても、張りを調節できるすごく便利なロープワークです。この作業が完了すれば、手を離しても柱が倒れることはありません。

~自在結び解説~

先ずは任意の場所にロープを引っ掛ける、または通します。Aの距離が長ければ長いほど、調節できる幅が大きくなりますので、可能な限り長くとりましょう。

1度ハーフヒッチをした後、少し距離を離してもう1度ハーフヒッチをします。

次に2個目のハーフヒッチの隣、ループの内側にロープを1回巻きつけます。

そして1つ目のハーフヒッチの隣、ループの外側にもう1つハーフヒッチを設けます。

きれいに整えたら出来あがりです。

STEP 7

自在結びで固定する その2

  • ロープをペグに固定する
  • 黄色い直線部分を真っ直ぐに保つ
  • ペグは深めに打つ

1枚目の画像の黄色い直線は、レールの役割をします。必ず真っ直ぐに保っておくようにしましょう。
きつく張りたいときには、Aよりもペグに近いレールを持ち、先ずAをスライドさせ、その後Bの結び目を動かします。緩めたいときには、Bよりも柱側のレールを摘みながら、先ずB、その後Aを動かします。

2枚目の画像では自作ペグの切り込みを綺麗に写すため浅めにペグを打ってありますが、理想はもう少し深いほうが強度が増します。

STEP 8

残りのコーナーにペグを打てば完成!

  • 黄色いラインがピンと張る位置でペグを打つ
  • 枝をシートの内側から立てかける
  • 内部の空間や間口を広くすることができる
  • マットを敷いたり、飾りつけをしよう

最後のコーナーをペグで固定します。

最後の一片(黄色ライン)がピンと張る位置を探してペグを打ちましょう。とりあえずは完成です。

~応用テクニック~

枝を内側から立てかけると、内部のスペースや間口を広くする事ができます。シートにあたる面は綺麗に面取りしないとシートを傷つけますので要注意。

マットを敷いたり、落ち葉をぶら下げたり、自由な発想でお洒落に飾りつけもしましょう。ロープには何らかの飾りをしておいてあげると、夜間でもロープに引っかかったりする事が少なくなります。

STEP 9

『やった!レポ』に投稿しよう

自分でシェルターを作ったら『やった!レポ』に投稿して、他の人の作ったものと比べてみましょう。
質問や感想があれば、ぜひコメント欄に書き込んでください。

REPORT RANKING
やった!レポ いいねランキング
クリップしたユーザー(72人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ
THEME
テーマ
MATOME
まとめ

いかがでしたか?今回は、ロープワークの種類や必要になる道具の数も最小限におさえたタイプにしてみましたが、今回ご紹介したテクニックを駆使すれば、きっと他の形のシェルターも作れます。柱を2本使ったり、柱の長さ、シートの大きさを変えたりするだけでも全然雰囲気が変わります。
子供の頃に、多くの方が秘密基地作りをして遊んだ事を考えると、「家をつくる」という行為は、きっと我々人間の本能的行為の一つなのだと思います。
公園でも手軽に出来る遊びですので、ぜひご家族でトライしてみてください。

【連載】ブッシュクラフト入門
#1 ペグ作りで覚えるナイフの使い方
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/86
#2 タープと2種類のロープワークでつくるシェルター
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/87
#3 フォックスウォークで地球と歩こう
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/90
#4 トラッキングベーシック
https://gogo.wildmind.jp/feed/howto/96

GROW CHART
成長スコアチャート
野性4
5知性
2感性
アクティビティ
つくる
環境
山 ・ 森 ・ 公園
季節
春 ・ 夏 ・ 秋 ・ 冬
所要時間
1時間~3時間
対象年齢
小学校中学年以上
やった!レポを投稿
写真とコメントをみんなと共有しましょう。
※画像サイズが大きい場合、通信料などがより多く発生します。
ログインしてやった!レポを投稿しよう!
※投稿するにはログインが必要です。
Profile
あと140文字
コメント
Profile
あと140文字
クリップしたユーザー(72人)
LATEST HOW TO
新着のHow To
NEWS
お知らせ
THEME
テーマ